米国では新型コロナウイルスの感染者数が69万人を超え、死者数も3万人を超えるなど甚大な被害を受けている。一方でドナルド・トランプ大統領は「感染拡大のピーク過ぎた」と発言。各州で拡大防止措置の緩和が検討されている。そんな中、フロリダ州ジャクソンビル・ビーチ市のビーチが開放され、賑わいを見せたことが「パンデミックの渦中のものには見えなかった」と話題になっている。(ENCOUNT) - Yahoo!ニュース
(※英Daily Mailの記事から概要を抜粋翻訳)
コロナウイルスの大流行にもかかわらず、米フロリダ州のジャクソンビル・ビーチが、金曜日の午後5時に、再び一般公開された。30分も経たないうちにビーチを楽しむ人々の群衆が押し寄せた。

ジャクソンビル・ビーチは、エクササイズをする人のために、毎日午前6時から午前11時までと午後5時から8時まで開放することになった。水泳、ランニング、サーフィン、ウォーキング、サイクリング、釣り、ペットの世話のみに使用できる。禁止されているのは、日光浴・椅子に座ること、波打ち際で徘徊することであり、他の人とは6フィート離れている必要がある。
27342426-8229933-image-a-5_1587180326499

27339782-8229933-image-a-8_1587167679601

このニュースについて海外ユーザーと思われる英語コメントをまとめたのでご覧ください。(引用翻訳元 dailymail、facebook

以下、海外の反応


これは不公平。多くの人が楽しむのを止めて、医師や看護師が他人の命を救うために戦っているのに。どうやったら海で遊ぶのを正当化できるのか!



本当にショック。予防が治療よりも効果的なのは私達はわかっているはず。こんな状況が続けば、ロックダウンはより長い間続ける必要があるでしょう。ビーチから強制的に排除できるように知恵を絞ってほしい。海に行くことは待てても、命を失うことは待てない。 アメリカ



私は今、フロリダにいるよ。明日は皆でビーチに行こう。私たちの権利を取り戻そう! アメリカ(ニューヨーク)

↑ ビーチだけでなく他の公共の場所にも出かけよう。マスクも必要ない。批判している人はコロナのリスクを過大に騒いでいるだけだ。

↑ 自分だけでなく他の人を危険に晒す、わがままな愚か者たちだ。数週間前にも海開きをしてかなり問題になったのに、また更なる馬鹿が海に行って問題が悪化する。 アメリカ




これを見ているイギリス市民して言わせてもらいます。アメリカ人はイギリスに旅行しないでください。アメリカのように相反する態度をとる国とは国境を閉ざすべきです。



これは、人命を救おうとしている医師や看護師への侮辱だ。



そして、医療従事者たちは、これらの馬鹿者のために自分たちの命を危険に晒しているのかな?



フロリダの医者と看護師が気の毒。



ウミガメでもあるまいし、海に行くのが「必須」とは思えないけど。 オーストラリア



食料品店の店内よりビーチのほうが安全だよ。

↑ ああ、そうだね、本当に良い答えだ! やれやれ・・・



私たちはCovid19と「愚か者」の、2つのパンデミックと戦っていると思う。 アメリカ



私たちの知事は完全な馬鹿! アメリカ(フロリダ州)



日光はこのウイルスを殺菌する。海水のような塩水も同様。 スウェーデン (※補足 実際に書いてあって「いいね」がある程度集まっていたので取り上げましたが、科学的根拠のない間違った情報です。)

↑ 違うよ。私たちは高温の天候で湾岸に住んでいるけど、周辺の住民はハエのようにバタバタ倒れているよ。 アメリカ(テキサス州)



私達は皆、永遠に壁の中に留まらなければいけないということなのかな!



ビーチにいる誰もが新しいルールを順守しているように見える・・・グループで座ったり、日光浴をしているように見える人はいない。皆運動したり犬を散歩している。
今後は、混んでいるエリアも出てくるかもしれないが、場所に応じて新しいルールを修正すればいい。 アメリカ

↑ 私には、とても近くに見えるけどね。私はスペインに住んでいるけど、周辺のビーチは5週間閉鎖されているよ。この人達は問題意識を感じていないようだけど、今後7日間で何人発症するのだろう。



シドニー当局は、ボンダイビーチや他のビーチで許可をとっている様子はない。そのおかげでこれまでは成功してきた。私達はオーストラリアにいて非常に幸運だったよ。



幸運を祈るしか無い・・・数日のうちにウイルス感染者増加の記事が投稿されませんように。


翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリックで投票完了← 1日1票反映)
カテゴリ:社会