※便宜上、当記事本文ではトヨタ・エスティマの表記を欧米名の「プレビア」に統一します。

現在は映画ライター・ディレクターとして活動しているアメリカ人女性のニキ・バーンさん。子供の頃からレーシングドライバーになりたいという夢を見ていた彼女は、15歳から車の運転を学び、実家に帰ったときに運転免許取得の練習用として父から紹介されたのが1991年式のブレビアでした。

■映像(9分3秒 2020/02/25公開)

レーシングドライバーとして正式に訓練を受けた彼女は、プレビアの特徴であるミッドエンジンレイアウトの利点に気づきます。
(※映像中の発言より)プレビアはパワーはそれほどないし軽量でもない、ブレーキも弱い。でもミッドシップでバランスはパーフェクトだからレースのスキルを学ぶには最適なストリートカーだったわ。レースをする車は高価だから私はまずは遅い車から始めたわ。

プレビアへの思いは、当時運転していたスバルWRX STIから乗り換えるほどだったようです。その後、愛車はプレビア一筋。彼女の父親は速い車を何台か所有したこともあったようですが本人は揺るがなかったようです。
その後、レーシングドライバーとしては大成しなかったようですが、現在は300,000マイル近く走行したボロボロの状態でも、彼女はプレビアを走らせ続けます。海に山にとアグレッシブに活動する彼女にとって、プレビアはお気に入りだったのでしょうか。


上の映像を見た海外ユーザーと思われる英語コメントをまとめたのでご覧ください。(引用翻訳元 youtube
初代エスティマ

以下、海外の反応


ワォ!彼女は驚くほどすがすがしい。



あの車は彼女とともに成長したんだね。私は彼女の愛を完全に理解したよ。



1990年代のミニバンが正当に評価され長年愛用されるのを見るのは嬉しい。私は1990年代後半の子供の頃、これらの車を見て育ったから。




遅い車を速く走らせるほうが、速い車を遅く運転するよりも秀でるということか。



あのプレビアは耐久レースができるくらいに彼女を訓練したに違いない。



(イギリス首相)ボリス・ジョンソンも同じ車を運転しているよ。
(※補足 2018年の参考映像)




車と運転への愛情は、速い車やスーパーカーだけに限ったものではない。どの車に対しても、正しい考え方を持っていれば優れた車になり得る。

↑ よく言ってくれた!スーパーカーもいいけど、所有者との絆が強い車の話のほうが遥かにいい。



7:30 ~「シートベルトはばらばらになっちゃった。でもこの車が好きなの」という言葉だけで、この車への愛情がほとんどわかる。



トヨタUSAはこのミニバンを修復するべきだ。



ついに非億万長者からクールな物語が出てきた。



すごいなあ、彼女は本当にクールだ。ユニークで巧みに設計された車への情熱を見るのは素晴らしい。私はこのミニバン車種のファンではないけど、日本にはクールな卵型の車がいくつかあるね。



プレビアは遅いよ!私は1991年のプレビアDXを所有していたけど94年後期まではスーパーチャージャーがついていなかったんだ。



こういうコンテンツをもっと出してほしい!



彼女は本当にかっこいい。彼女がこの古びたオンボロ車にたくさんの愛情を注いでいるか、見ていて虜になった。



彼女はあまりにも車に投資していない。ただ燃料を入れているだけのように見える。彼女がプレビアをとても愛しているなら、もっとよく手入れをするべきだ。普通のカローラでもそうだし、プレビアなら、いうまでもなく手入れをする車に値する。



私がアフリカで子供の頃、両親が最初に愛車として使ったのがこのエッグバンだった。長い間この車で育ったよ。ときどき公共バスみたいな使われ方もされていた。私は柔らかい布の座席が大好きで、旅行中はよく手で擦っていたもんだ。記憶を蘇らせてくれてありがとう。



いつの日か、彼女にはル・マンでドライブしてもらいたい。



最後のセリフが最高だった。
「最善の努力をしたにも関わらず、プレビアはまだ私を殺していない」

↑ 私もそれを聞いてコメントしようと思っていた!凄いミニバンだ。


翻訳コメントは以上です。私個人的としては、超辛口で知られるクルマ雑MagX(ニューモデルマガジンX)が1991年頃、初代エスティマに最高評価の5つ星をつけていたのがものすごく印象に残っています。さすがに当時は免許がなく高価な車なので愛車候補でもなかったのですが、偶然今回の動画を発見したので記事にしてみました。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリックで投票完了← 1日1票反映)
カテゴリ: 日本の製品