(※朝日新聞の同記事から一部引用)
バイオリンの世界的名器を生んだストラディバリが17~18世紀に活動したイタリア北部クレモナで16日、バイオリンの調べが響き渡った。新型コロナウイルス患者への治療の最前線となっている病院の依頼で、日本人バイオリニスト横山令奈さん(33)が病院の屋上から演奏した。医療従事者への感謝と、患者たちが再び音楽や芸術を楽しめる日が来るよう祈りを込めたという。

横山さんは高校卒業後の2006年にクレモナに渡り、同地の音楽院で学んだ。クレモナにある「バイオリン博物館」で、数億円の価値がある展示楽器の音色を訪問者に聴いてもらう演奏会で、演奏を任されている。今回、病院側が地元の町おこし団体に声をかけ、「地元バイオリニストの顔」となっていた横山さんに、白羽の矢が立った。
~中略~
演奏が始まると、防護服姿の医師らが窓から身を乗り出して、バイオリンの音色に聴き入った。横山さんはビバルディの「四季」や映画「ニュー・シネマ・パラダイス」で使われたエンニオ・モリコーネの作品などを演奏した。曲が終わるたびに大きな拍手と歓声が上がった。

この投稿をInstagramで見る

❤️

Lena Yokoyama 横山令奈(@lenayokoyama)がシェアした投稿 -


冒頭の映像を視聴した海外ユーザーと思われるコメントをまとめたのでご覧ください。(引用翻訳元 facebook、youtube、twitter
イタリア横山令奈バイオリンjpg
via Pro Cremona

以下、海外の反応


言うまでもなく、クレモナの市民として涙を流さずにはいられません。 イタリア



とても素晴らしい演奏でした。ありがとうございます。 イタリア (※同じようなコメント多数)



私の耳に最高の心地よさで伝わってくる音色。 アイルランド



彼女のパフォーマンスにはゾクゾクさせられた!とにかく美しい! 💕🥰. アメリカ




初めて聴いた時、長い間泣いてしまいました。

↑ 私も。

↑ 私も号泣しました。 とても美しい。



あの映像には多くの表情が捉えられている。皆さんの幸運を祈ります。



素晴らしい医療従事者の皆さん、全力を尽くしてくれて命を救ってくれて、あなた達の仕事にはどれほど感謝しても感謝しきれません。この美しい賛美の曲を私達の心の中でも流してみましょう。



少しの間、立ち止まって聴いてみてください。それぞれの美しい音符一つ一つがあなたの中を流れて、世界のすべてがより良く感じられるようになります。



美しい。とても励みになります。



今の時代、誰もがこのような音楽を必要としているわ。 アメリカ



命の危険にさらされ懸命に働いているすべての人々に届きますように。皆さんそれぞれに称賛を💕💕 アメリカ



このパンデミックの間に見た中では最も美しいもの。



イタリアドクターチームの皆さん、体に気をつけて。 タイ



人々がとても感動して集まるのがわかる。 アメリカ



なんて素晴らしい演奏なのでしょう。イギリスから感謝します。



実にゴージャス。ヒーローたちへの素晴らしい賛辞だ。



希望の音楽を演奏する女性バイオリニストに感謝し、全世界に敬意を表します💐 イタリア



このような瞬間がある限り、人類には常に希望がある。 イタリア


翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリックで投票完了← 1日1票反映)
カテゴリ:感動、いい話 日本・日本人に関係する話題