F-15J_FA18

(※アメリカ雑誌「ナショナル・インタレスト」のウェブサイト2020年6月26日付け記事から抜粋翻訳)

ドッグファイト:日本のF-15 vs 中国のJ-20戦闘機(勝者はどっち?)

要約:日本のF-15が今のところ中国のJ-20よりも優位に立っているかもしれないが、力関係はすぐに変わるかもしれない。


F-15Jは長い間使用されてきた。日本は2000年初頭からアップグレードプログラムを開始し、新型の赤外線誘導ミサイル(AAM-3およびAAM-5)、改良型エンジン、改良型機械式アンテナアレイレーダーのAN/APG-63(V)1に換装すればレーダー追尾型のAAM-4Bミサイルを搭載できるようになった。ただし、アップグレードには費用がかかり、年間10機未満にしか適用されていない。

中国初の第5世代戦闘機であるChengdu(殲撃) J-20は、2011年に初めて発表された。双発の単座戦闘機であり、前方カナードとステルスプロファイルを備えているため、J-20はF-15Jより少し寸法が大きいと考えられている。J-20の細長い胴体には内蔵型のウェポンベイと燃料設備が取り付けられている。

J-20の大きなノーズコーンには、高度なアクティブ電子走査アレイ(AESA)レーダーが備えられていると見られており、遠くのターゲットを検出してレーダー誘導ミサイルで攻撃する能力がある。

J-20の正確な役割は不明だが、長距離ミッション用に構築されているようだ。ステルス能力を生かして敵の空中給油機、AWACS(早期警戒管制機)、偵察機、情報収集機などを撃墜する迎撃機である可能性がある。長距離中型爆撃機のような装備で、沖縄など日本の基地を標的に攻撃することもできる。

議論のために、J-20が長距離空中戦の戦闘機として装備したと仮定しよう。F-15Jと戦って、どちらが勝つだろうか。

J-20がレーダーに映る断面積の縮小に成功したと仮定すると、F-15J は長距離では探知に苦労するかもしれない。同時に、F-15Jにはステルス性がないため、レーダーが優秀であれば日本の戦闘機を簡単に探知することができる。特にJ-20がPL-15ミサイルを搭載している場合は、目視外戦闘でF-15Jが不利になる。2015年9月にテストに成功したPL-15には、アクティブレーダーシーカーと、もしかするとデュアルパルスロケットモーター推進が含まれているかもしれない(ラムジェット動力の可能性もある)。

近距離では、F-15Jが有利だ。J-20のエンジンは今の所推力不足と報告されているが、F-15Jの推力重量比は優れている。F-15系は、比類のないドッグファイターとして有名で、イーグルの優れた推力と優れた機動性を利用して、有利なポジションを取ることができる。

J-20はまだプロトタイプ段階ではあるが、今のところ機関砲を装備しているところを確認されていない。空軍の専門家の間では機関砲の有用性については意見が分かれているが、接近戦ではM61ガトリングガンを撃てるF-15Jの能力が重宝されるかもしれない。

(この記事は2015年に最初に掲載され、読者の関心が高いために今回再掲された。)

この記事について海外ユーザーと思われる英語コメントをまとめました。
以下、海外の反応(引用翻訳元 yahoo.com



日本が勝つだろう。 ↑13 ↓4



J-20はアメリカのF-35に倣って作られ、敵に見つからない長距離から攻撃することができる。 F-15Jが接近する前に戦闘は終わっているはず。ドッグファイトはすでに廃れた概念だ。問題は、中国人がF-35のような武器システムを持っているかどうか。


└ J-20はF-22とF-35をハイブリッドレンダリングした海賊版技術だよ。両機の設計要素と密接に関係してくる。



J-20のステルス能力は正面からのみであり360度の範囲ではない。真のステルス能力からは程遠く第5世代と呼べるものではない。様々なノードとレーダーを組み合わせれば、レーダー上にJ-20が点灯することになる。アメリカと日本の間で武器システムの情報共有をすすめていくことが重要なポイントとなる。 ↑32 ↓11



この記事ではAWAC(早期警戒管制機)の援護が考慮されていない。アップグレードされたAWACのレーダーがあれば、F-15が発見するよりも早く中国の戦闘機を発見し、F-15に指示を与えてステルス技術を打ち負かすことができる。 ↑20 ↓0




パイロットがどれほど優れているかにもよる。 ↑6 ↓0


└ 射程が長くて優れたレーダーとミサイルを装備しているかどうかのほうが大きいでしょう。



衣服であれ軍事装備であれ、中国製は見た目は美しく見えるけど壊れやすくて安っぽくて信頼できない! ↑34 ↓6



J-20にはCOVID-19弾頭が搭載されている。 ↑31 ↓9



実際のデモンストレーションがあれば、よりわかりやすいんだけどね ↑5 ↓0



日本はトヨタ、ホンダ、日産、マツダを作ってきたが、その間に中国は何を作ってきたのだろうか。自動車テクノロジーが先例になるのであれば、私はF-15に賭けたい。 中国の機械的な経験と信頼性は、進歩してきたとはいえ非常に疑わしい。



熟練度でも日本のほうがかなり上だ。 ↑2 ↓0



今までのキルレシオ(撃墜対被撃墜比率)でも101-0であり、F-15が勝つ。F-15は空の支配者。 ↑1 ↓0

(※補足)2003年時点で101機の航空機を撃墜し、空対空戦闘における損害は未だ発生していない。(F-15 - 航空軍事用語辞典++)



J-20が第5世代戦闘機とみなされているのであれば、日本に配備されている第5世代戦闘機、F-35と比較するべきでは? ↑6 ↓0



よく確認してみよう。日本には世界最高の第4世代戦闘機がある。一方、中国はパワー不足の4.5世代の戦闘機を「第5世代戦闘機のふりをしている」に過ぎない。



中国は、まだ持っていない技術を盗もうとするから注意しよう。しかし今のところは中国が第何世代の戦闘機を持っているかは心配ない。中国人はなんでも嘘をつくから第7世代とか言いそうだ。



パイロットスキルは日本のほうが優れているから形勢を一変させるよ。



日本は帝国主義の過去から学んだ。今は中国に同じ教訓を教える必要がある。 ↑2 ↓1



なんだかんだ言ってもまだまだ中国製。そして、私たちは皆、中国製の品質を知っている。



中国のJ-20であれなんであれ、アップグレードしたコンピューターが搭載された日本のF-15によって打ち負かされるよ。


翻訳コメントは以上です。当管理人はもちろん軍事関連には素人ですが、各種報道や漫画「空母いぶき」の戦闘結果も見てきた印象として、相当J-20が過小評価されていると感じました。それでもコメント欄に実際に書かれていたのでこのような翻訳になりました。
記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリックで投票完了← 1日1票反映)
カテゴリ:日本・日本人に関係する話題 政治、国際関係