大相撲春場所13日目の取組で左肩を激しく痛めていた新横綱の稀勢の里が、千秋楽と優勝決定戦で大関・照ノ富士に二連勝して、2場所連続2回目の優勝を果たしました。
休場もやむを得ないといわれた状況の中、出場し続けて奇跡的な逆転優勝を達成した稀勢の里に対して、海外から称賛の声が寄せられていたのでご覧ください。
 【続きを読む】