海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツを多めに取り上げています。


スポンサード リンク
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
管理者へメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

航空機

北朝鮮がオバマ向けに制作した空軍映像がコメディとして定着、航空機マニアも大満足

北朝鮮が2013年8月に、オバマ前政権時のアメリカ向けに警告メッセージを送る目的で制作された映像が、3年以上たっても世界中から根強い人気を博しています。
年代物のMig-21を前にして笑いを誘うような将校や、「数分で敵機を撃墜できる」と豪語するパイロットなど、特に航空機・ミリタリーマニアにはたまらない作品になっています。

古いネタですが海外反応サイトでは取り上げられていないようなので紹介することにしました。映像と、コメント欄に寄せられた海外ユーザーのコメントを一部まとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

円型のエンドレス滑走路をオランダ技術者が提案、海外ユーザーの反応は?

空港の滑走路を円形にして、どの方向からでも離着陸可能にするという計画がオランダで発表されました。考案したのは、オランダ航空宇宙センターに勤務するヘンク・ヘッセリンク(Henk Hesse link )氏で、欧州連合の政策執行機関「欧州委員会」から研究プロジェクトへの資金提供を受けているという「お墨付き」もありBBCなどの主要メディアでも報道されています。

このニュースについて、ニュース映像と視聴した海外ユーザーの反応を紹介します。

ニュース映像の翻訳要旨は以下の通りです。
円形の滑走路の空港:オランダの研究者が将来の空港ための円形の滑走路を提案 - TomoNews - YouTube
・ヘッセリンク氏と5つの欧州機関が一緒に協力している「Endless Runway(エンドレス滑走路)」と呼ばれる研究プロジェクトを欧州委員会が資金援助している。
・円型滑走路の直径は3.5kmほどで滑走路にはバンクが付けられており、バンクの影響で飛行機は中心方向に向かうため緩いカーブの影響を受けにくい、また遠心力が働くので着陸機が自然に減速できる。
・横風が吹いていても、影響の少ない方向を選んで離着陸できて困難な操縦が減る。空中待機の時間も減り燃料も節約できる。
・アメリカ軍も、円形の滑走路を1960年代に実験したが、実現には至らなかった。


 【続きを読む】 





 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








■リンク集