海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツを多めに取り上げています。


スポンサード リンク
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
管理者へメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

田中将大

田中将大、オプトアウトせずヤンキース残留を発表、ファンからは概ね歓迎ながら一部に反発コメントも

ヤンキースの田中将大投手が11月3日(日本時間4日)、残り3年の契約を破棄してフリーエージェント(FA)になる「オプトアウト」の権利を行使せず、ヤンキースに残留することを発表しました。これで2020年までヤンキースでプレーすることが決定的になりました。

ヤンキースファンのコメントを中心に翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

田中将大7回無失点の快投でアストロズに雪辱、ヤンキースファンは最大級の賛辞【MLBプレーオフ】

後述でMLBファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
マー君「自分を褒めてあげたい」カイケルに投げ勝つ - MLB : 日刊スポーツ
[2017年10月19日12時27分]
<ア・リーグ優勝決定シリーズ:ヤンキース5-0アストロズ>◇第5戦◇18日(日本時間19日)◇ヤンキースタジアム

 ヤンキース田中将大投手(28)が、アストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦でチーム3勝目となる白星を挙げ、3勝2敗でワールドシリーズ進出に王手をかけた。第1戦に続きエース左腕カイケルとの投げ合いとなり、前回の敗戦から今度は投げ勝ち、リベンジを果たした。

 立ち上がりから淡々と落ち着いた投球で、要所では力がこもった。2回に先頭グリエルに二塁打を許し、次打者の内野ゴロで1死三塁のピンチとなったが、後続をいずれも内野ゴロに打ち取りしのいだ。5回には1死一、二塁と再び得点圏に走者を許したが、後続を連続三振に退けピンチを脱した。7回まで103球を投げ、3安打、1四球、無失点で8三振だった。

 カイケルとは15年のワイルドカードゲームも含めポストシーズン3度目の投げ合いだったが、初めて投げ勝った。

ニューヨーク・ポストの紙面
 【続きを読む】 

ヤンキース田中将大、優勝決定戦で黒星も高く評価「アルトゥーベとカイケルにやられた」と納得

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。負けたとはいえマー君に対する批判は全くと言っていいほどありませんでした。
ヤンキース・田中将大 6回2失点投球で黒星もNY紙は高く評価 - ライブドアニュース
2017年10月14日 16時30分

ヤンキースの田中将大は13日(日本時間14日)、敵地ヒューストンでのア・リーグ優勝決定シリーズの第1戦に先発し、強打のアスロトズ打線を6回4安打2失点に抑える好投を見せた。しかし、敵のエース、カイケルが7回4安打無失点10奪三振と、田中を上回る快投をして1-2のスコアで、マー君に黒星がついた。

メジャーリーグ公式ホームページは「田中は良い投球をしたが、ヤンキースは抑えられた」という見出しで報じた。 「タナカは負けたが、右腕はいいピッチングをした。アストロズを4回に入るまで無安打に抑え、6イニングを2失点に抑えた」と、敗戦投手となったが、2失点ピッチングを高く評価した。 (以下省略)
20171014-000083

アストロズは4回一死の場面で、ホセ・アルトゥーベ(Jose Altuve)がチーム初安打となる単打を放ち、盗塁で二塁を陥れて得点圏に進塁すると、カルロス・コレア(Carlos Correa)の適時打で先制に成功。打者一人が倒れたあと、さらにユリエスキ・グリエル(Yuli Gurriel)の適時打で追加点を挙げた。アルトゥーベがこの日4打数3安打でチーム唯一の複数安打を記録したアストロズは、この回の得点だけで勝利を収めている。アストロズがア・リーグ優勝決定S先勝、カイケルがヤンキース打線から10奪三振 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News
 【続きを読む】 

田中将大、地区シリーズ敗退危機を救う7回無失点の圧巻投球にインディアンスファンも絶賛

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
球のキレがどうこうよりも、気迫あふれるプレーに注目しているコメントが目立ちました。
10月9日 12時46分
大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が8日、アメリカンリーグのプレーオフ地区シリーズでインディアンズとの第3戦に先発し、7回を無失点に抑えてプレーオフ初勝利をあげました。
~中略~
先発のマウンドを託された田中投手は、立ち上がりから気迫のこもったピッチングで、好調のインディアンズ打線を3回までヒット1本に抑えました。4回は、ワンアウト三塁と初めてピンチを招きましたが、得意のスプリットで連続三振を奪い、得点を許しませんでした。田中投手は7回を投げ、打たれたヒットが3本、奪った三振が7つで、インディアンズを無失点に抑えました。

ヤンキースは7回にソロホームランで先制し、抑えのチャップマン投手などリリーフ陣も好投してインディアンズに1対0で勝ち、プレーオフ地区シリーズの対戦成績を1勝2敗としました。
ヤンキース田中 プレーオフ初勝利 7回無失点 | NHKニュース
田中将大インディアンス


 【続きを読む】 

ヤンキース田中将大、自己最多15奪三振で13勝目 MLBファンから大絶賛

[29日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は29日、各地で試合を行い、ヤンキースの田中将大投手は、地元でのブルージェイズ戦に先発登板。7回を3安打、無四球、メジャー自己最多の15三振、無失点の好投で今季13勝目(12敗)を挙げた。ヤンキースは4─0で勝った。
MLB=ヤンキース田中、自己最多15三振で13勝目 (ロイター) - Yahoo!ニュース
20170930-000063


MLBファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。

以下、海外の反応

今日が代表的な田中だ。彼が力を発揮すれば野球史上最高の投手の一人になる。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

田中が最後に輝いたって? なんてこったい。7回投げて15奪三振無四球、被安打3。今シーズン、あの男の調子はどれが本当なんだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

田中は半分が優秀で半分がひどかった。中くらいはなかった。田中の記録(13-12)は本当に今シーズンの合計だった. でも最後はなんてすばらしい登板なんだろう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

田中の特別な日がやってきた。今、私はとても素晴らしい気分だ!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

マサヒローーー
自己最高記録だね。15奪三振、一つ一つ数えよう!
 【続きを読む】 

田中将大、レッドソックスとの首位攻防戦を制してメジャー通算50勝 ヤンキースファンは「正常化」を確信

ヤンキースの田中将大投手が2日(日本時間3日)の本拠地レッドソックス戦で8回途中5安打3奪三振1失点の好投で11勝目(10敗)を挙げた。これでメジャー101登板目にして日本人投手7人目となる通算50勝目。ダルビッシュ有投手(ドジャース)の109登板を抜いて日本人最速での到達となった。5-1で勝利したヤンキースはア・リーグ東地区首位・レッドソックスとの差を再び4.5に詰めた。
田中将大、首位Rソックスに8回途中1失点で11勝目 ダル抜き日本人最速50勝 | Full-count
20170903_tanaka-560x373

この試合のマー君の登板について、ヤンキースファンとレッドソックスファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。

以下、海外の反応。断りのない場合はヤンキースファンのコメント。

 【続きを読む】 

田中将大デビューから4年連続二桁勝利の快投、ヤンキース・マリナーズファン共に「エースとして蘇った」と絶賛

MLBニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が8月27日(日本時間28日)、ホームでのマリナーズ戦に先発登板し、7回を投げ6安打1失点10三振1四球で10勝目を挙げました。メジャーデビューから4年連続の2桁勝利は日本人投手で初めてです。初回にランナーをためたものの1失点で切り抜け、その後は見事に抑えました。この週末のMLBではニックネーム入りの特別ユニフォームを着る「プレイヤーズ・ウィークエンド」というイベントが行われ、田中は“MASA”の名前が入った特別ユニフォームで登板しました。
この試合について、ヤンキースファン、マリナーズファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

田中将大 レイズ戦で6回途中までパーフェクト、先頭から5連続奪三振など14Kの好投でヤンキースファン歓喜

MLBニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が7月28日(日本時間29日)のレイズ戦に先発し、8回を投げて2安打1失点で無四球、メジャー自己最多の14奪三振の好投で勝利投手になりました。
先頭から5者連続三振を奪うなど、6回2死まで一人のランナーも許さないパーフェクトピッチングでしたが、9番バッターにヒットを許して完全試合はなりませんでした。7回にソロホームランを打たれたものの、8回には3者連続三振に打ち取るなど自己メジャー最高の14奪三振を奪って、この回でマウンドを降りました。マー君 メジャー自己最多14K!8回1失点で8勝目 6回2死まで完全投球 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

この試合を見たヤンキースファンとレイズファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

田中将大7回1失点の好投で7勝目、ヤンキースファンから「手の平返し」が相次ぐ

ヤンキースの田中将大投手が7月3日(日本時間4日)、本拠地のブルージェイズ戦で先発し。7回を8奪三振1四球、5安打1失点に抑えて7勝目を挙げました。
マー君7勝 辛口メディア称賛 - Yahoo!ニュース

ヤンキースファン、ブルージェイズファンのコメントをまとめたのでご覧ください。称賛する声が多く、批判する声は、ランナーがいるときのプレーが遅いといったもの以外にはほとんどありませんでした。
 【続きを読む】 

韓国メディア「日本の田中将大が粉々」 【韓国の反応】

マー君こと、ヤンキースの田中将大が、前回の試合でも3本のホームランを打たれるなどして、とうとう5連敗を喫してしまいました。
韓国メディアのOSENが6月10日付で 「'防御率6.55' 田中、バラバラになった大ヒットの夢」 と題した以下のような記事を配信しました。
田中将大(29・ニューヨーク・ヤンキース)は、今季メジャーリーグ(MLB)で最も謎な選手だ。予期せぬ不振に陥り抜け出せずにいる。 内心抱いていた今年の冬の、一儲けの夢も事実上、粉々になった。

田中は9日までに12試合で66イニングを投げ、5勝6敗、防御率6.55を記録している。(~中略~)MLB最高の名門ヤンキースの名実共にエースにシーズンを開始したが、今はヤンキースの先発ローテーションで最も信頼のもてない選手に墜落した。

MLBはもちろん、日本でも経験したことのない7失点以上の試合をすでに3回も喫するなど、すべての数字が「正常」がないことを示している。詳細指標を見れば、今シーズンの田中がどんなに災害的なシーズンを送っているのかよく表れている。 9回当たりの被安打数は直前3年7.9個から11.0個急騰しており、特に9回当たりの被本塁打数は1.1個から2.3個と倍以上に上昇した。(~中略~)

現地では不安な肘問題が田中の全体的な投球フォームを揺さぶった可能性に注目する。 肘に気を使って肩にも負担が行く。 実際田中は、昨年に比べて今年リリースポイントがたくさん落ちた。 主な武器であるスプリッターやスライダーのキレが鈍くなったことが決定的な理由だ。 まだ20代後半の選手であることを考慮すれば'老衰化'がとても早く来たという証拠といえる。 (以下省略 全文は引用元参照(韓国語)‘ERA 6.55’ 다나카, 산산조각난 대박의 꿈

この記事が韓国最大手のポータルサイトNaverニュースで配信され、多くの韓国人からコメントが寄せられていました。一部を翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 





 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








相互リンクサイト