10月22日、ボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチが行われ、王者の比嘉大吾がが同級5位の挑戦者トマ・マソン(フランス)に7回TKO勝ちして、初防衛に成功しました。4ラウンド終了時の公開採点でも全てポイントを取るなど優勢となり、7ラウンドにマソンが有効打によって目元を負傷し試合続行不可能となりました。


海外ユーザーのコメントを翻訳したのでご覧ください。
 【続きを読む】