5月31日に行われたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント第2戦で、ホームの浦和レッズが済州ユナイテッドを延長戦での劇的なゴールで3-0(合計3-2)で勝ち、終了直後に済州の選手らが浦和側に殴りかかる乱闘騒ぎが起きました。

済州ユナイテッドの公式サイトでは非を認めて謝罪文を掲載しているものの、複数の主要韓国メディアが「乱闘の原因を作ったのは浦和の選手が挑発したから」といった論調があります。一例として、朝鮮日報には以下のように報道されています。
済州の選手たちがこのように興奮したのには理由があった。試合終了後、槙野は済州ベンチに向かって指3本を立てて見せ、歓喜の声を上げていたことが分かった。「3-0でおれたちが勝った」という意味の挑発だった。サッカー:「刺激した側にも責任」 済州ベンチを挑発した浦和・槙野に批判の声-Chosun online 朝鮮日報
 【続きを読む】