2018.01.07午後12:06 ⓒ聯合ニュースの概要を翻訳)
日本プロ野球界の代表的な名将と言われる星野仙一楽天ゴールデンイーグルス副会長が死去したことが伝えられた。星野副会長は最近まで膵臓癌で闘病中で、昨年末から病状が急激に悪化したことが分かった。

星野副会長は、宣銅烈-李鍾範-イ・サンフンなど韓国野球のレジェンドたちが活躍していた1990年代の日本中日ドラゴンズの監督であり、2008年の北京オリンピックで韓国と宿命のライバル戦を繰り広げた日本代表チームの司令塔である。(以下略)
0002174107_001_20180107120620052
韓国人ユーザーのコメントを翻訳してまとめました。下の「ウサイン・ボルトのように走ってきた宣銅烈」と題した映像は「宣銅烈の恩人」を象徴するものとして再び注目されていたので、生前に寄せられたコメントとあわせて紹介します。


2017年2月19日午後、那覇セルラースタジアムで行われた韓国代表と読売ジャイアンツの親善試合前
 【続きを読む】