海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツも積極的に取り上げています。


記事検索
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
管理者へメッセージ

日本製

JR東日本の豪華寝台列車 「四季島」に対する海外の反応

JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」が5月1日から運行を開始しました。
四季島は客車6両と展望車2両、ラウンジ車、ダイニング車の計10両編成。車両には最高級の素材が使われ、食事も最高級ホテルの水準とのことです。乗客の定員は34人。客室は全てスイートルームになっており、最高級客室の「四季島スイート」は2層式になっており掘りごたつとヒノキ風呂も備えています。3泊4日コースの料金は最高1人95万円(2人1室)とのこと。(公式サイト TRAIN SUITE 四季島 | JR東日本

海外では「1万ドルの豪華寝台列車」として報道され話題になり、多くのコメントが寄せられていました。海外ユーザーのコメントをまとめたのでご覧ください。

 【続きを読む】 

英国女性オーナーが所有するトヨタ2000GTが美しいと話題に

英国在住のJane Weitzmann(ジェーン・ウェイツマン)さん。9年前、夫がボンドカー(映画『007は二度死ぬ』で登場)にあこがれたのをきっかけに入手した2000GTは、一部に激しい損傷を抱えたキズ物でした。それでも多額の費用をかけて日本に輸送して修復し、見事によみがえらせました。修復過程で、銃撃された弾痕が新たに判明するなど謎の多い車両であることがわかりました。
そして、今年2月に英国トヨタ公式YouTubeチャンネル映像で公開され、その姿が特に美しいと評判を呼びました。英国トヨタによると、少しオリジナルとは違うデザインの部品も組み込んでいるようです。

映像 Toyota 2000GT: The Toyota That Lived Twice - YouTube

インタビューの中でウェイツマン夫人は、2000GTの美しいプロポーションなどの魅力や、完璧なエンジニアリングと整備に支えられたと話しています。夫人はランドクルーザーやトヨタS800といった他のトヨタ車も所有しているとのことです。

このYouTube映像は多くのメディアに転載され、特にFaicebookでは1000を超えるコメントが寄せられるなど、各々の思い出が多く語られていました。それらの海外ユーザーのコメントの一部を紹介します。
 【続きを読む】 

ハローキティ好きの日本人男性が5千以上グッズを集めてギネス記録に認定

ハローキティグッズの収集歴35年という千葉県四街道市在住の男性、郡司政男さんが、ハローキティグッズの収集数のギネス世界記録に申請して認定されました。奥さんの協力もあって5169個のグッズを集めたということです。

現時点で日本ではニュースになっていないようですが(追記 ハローキティ収集でギネス記録 元警察官の郡司さん「魅力みんなと共有」 (千葉日報オンライン) - Yahoo!ニュース)、海外では多くの国で取り上げられていました。ギネスワールドレコーズ公式映像とともに海外ユーザーの反応をまとめたのでご覧ください。

Largest collection of Hello Kitty memorabilia - Japan Tour - YouTube
 【続きを読む】 

日本の「××ができるまで」を解説した映像「THE MAKING」が海外から大絶賛

科学技術振興機構が提供する科学技術の動画専門サイト「サイエンス チャンネル」で放送されている、製品の製造を紹介した「THE MAKING」。「××ができるまで」のタイトルで記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

その中でも、ベアリングに使われる鋼球について解説した英語版の映像が、海外ユーザーから評判になっていました。

製品そのものの工作精度についても驚きの声が上がっていましたが、それ以上に、映像の作り方が丁寧で完璧だという声が多く寄せられていました。

身近なモノが、どの様な技術を使って作られていくのかを追います。今回は、鋼球ができるまで。自転車の車輪などがなめらかに回るのは、軸の部分にボールベアリングという部品が入っているから。そのボールベアリングの中に使われている鋼球は、限りなく真球に近い球である必要があります。大きさの誤差が0.1マイクロメートル以下という、高い精度をもった鋼球を生産する方法をご紹介します。 出演者名・所属機関名および協力機関名 大旺鋼球製造株式会社
THE MAKING(314)鋼球ができるまで - YouTube


英語版’(コメント引用元)
 【続きを読む】 

お台場の実物大ガンダム撤去、ユニコーンガンダムを設置【海外の反応】

等身大ガンダム
東京・お台場に展示されていた実物大ガンダムの立像が2017年3月5日に撤去され、同年秋からユニコーンガンダムが展示されることになりました。(参考ニュース 今度は実物大「ユニコーンガンダム」 お台場に登場へ - ITmedia ビジネスオンライン
個人的には初代ガンダムが好きなので残念でしたが、ユニコーンガンダムは変型もするし全長も大きいので、リニューアル後に期待したいところです。
英語でコメントした海外ユーザーの反応をまとめたのでご覧ください。

以下、翻訳コメントです。

・ なんてこったい、過去数年の間に日本に行っておけばよかった。

・ 等身大ガンダムに会える機会があってとてもうれしかった。撤去されると聞いてとても悲しいです。

・ さらば、RX-78-2等身大ガンダム。音と動きで演出されたガンダムの姿は私にとって宝のような思い出です。「(アムロ)、いきまーす!」。

・ ユニコーンはガンダムシリーズで一番好きだよ。等身大ガンダムは本当に素晴らしい。
 【続きを読む】 

【海外反応】カゴメが「ウェアラブル・トマト」 ロボットを開発、走りながらトマトを食べられる

トマタンカゴメと明和電機が走りながらトマトを食べられるロボットを開発しました。名前は「ウェアラブル(身に着けることができる)トマト」で、愛称は「トマタン」。2月22日の東京マラソンに向けた宣伝がなされ、2月19日にカゴメで映像が公開された所、瞬く間に世界中で評判になっています。
 【続きを読む】 



他サイトピックアップ


 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








■リンク集