WBC世界ライトフライ級王者の拳四朗が、挑戦者のヒルベルト・ペドロサ(パナマ)に4回1分12秒TKOで勝利し2度目の防衛に成功しました。後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
あたたたたっ~! 北斗神拳伝承者の雄たけびが聞こえそうな猛ラッシュで、拳四朗が挑戦者を沈めた。4回。右フックにペドロサがぐらついた。「これ、いけるんちゃう?」。瞬時に思い、一気に攻めた。ロープに詰め、左右の連打14発を見舞った。逃げる相手を追い込み、最後はボディー連打でTKO防衛だ。ボクシング : 日刊スポーツ


 【続きを読む】