川内優輝がボストン・マラソン優勝 日本人では瀬古利彦氏以来31年ぶり - ライブドアニュース
2018年4月17日 13時10分 時事通信社
【ボストン時事】第122回ボストン・マラソンは16日、ボストン郊外から市街地までの片道コースで行われ、男子は川内優輝(埼玉県庁)が2時間15分58秒で優勝した。
 日本選手の優勝は1987年の瀬古利彦以来31年ぶりで8人目、9度目。「ワールド・マラソン・メジャーズ(WMM)」の大会を日本勢が制したのは初めて。
川内優輝ボストンマラソン レースは強い風雨の中で行われ、川内は昨年優勝のジョフリー・キルイ(ケニア)を40キロすぎで抜いて勝った。キルイは2時間18分23秒で2位。
 女子はデジリー・リンデン(米国)が2時間39分54秒で優勝した。
 ボストンは国際陸連が定めたコース条件を満たしていないため、公認記録にならない

SNS等に寄せられた海外ユーザーの英語コメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。以下、海外の反応(コメント引用元facebook1facebook2youtube1youtube2

優輝には大いにリスペクトしたい。他の選手の殆どが低体温症の徴候を示す中、彼だけはこの天候を克服していた。



アマチュアがメジャーのマラソンで勝った。本当に驚くべきことだ。

↑ 彼は公務員の仕事をして、出演料やスポンサー料ももらわず、遠征も自費でしていて、事実上のアマチュアです。



優輝! 優輝! あなたは私たち「市民ランナー」の誇りです。ボストンマラソン優勝おめでとう!



彼はとても幸せそうだ!彼の目が嬉し涙であふれている。日本に帰ってから再び祝福されるでしょう。なんて偉大な名誉なのだろう。優輝!君はこのタイトルを獲得したんだよ!おめでとう!
 【続きを読む】