宮里藍の早すぎる引退に米国メディアからも「海外挑戦の先駆者」と惜しむ声 | THE PAGE(ザ・ページ)女子ゴルフの宮里藍(31 )が29日、都内のホテルで記者会見を開き、引退を発表した。2006年からは米ツアーに本格参戦し、岡本綾子の17勝に次ぐ9勝を挙げ、2010年には世界ランキング1位に立った。念願だったメジャー制覇は成し遂げられなかったが、米メディアも一斉に宮里の引退を報じた。

このニュースについて、フェイスブックに寄せられた海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。メジャー制覇は無いとはいえ、米ツアーで9勝、元世界1位という実績は、アメリカ人にとっては印象に残っていた選手のようで、コメントがたくさん寄せられていました。彼女のゆったりとしたスイングについても多くの人が触れていました。
 【続きを読む】