海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツを多めに取り上げています。


スポンサード リンク
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
管理者へメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

北朝鮮

ロシアが北朝鮮にインターネット接続サービスを提供 米国など海外の反応

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
2017.10.03 Tue posted at 12:52 JST
ロシア国営企業のトランステレコムは3日までに、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)政権に対してインターネット接続サービスの提供を開始した。北朝鮮分析サイトの「38ノース」が伝えた。サイバーセキュリティーの専門家も、ロシアと北朝鮮との新たな関係を確認した。

米国との対立が深まる中、これで北朝鮮はサイバー防衛能力の強化を図り、中国への依存度を低下させることが可能になる。専門家によれば、これまで北朝鮮のインターネット接続サービスは、中国聯合通信のみが提供していたが、今回新たにロシアのバックアップが加わった。

これに先立ち米紙ワシントンポストは、米サイバー軍が先の週末にかけ、北朝鮮軍の情報機関と連携するハッカーに対して攻撃を仕掛けたと報じていた。
ロシアが関与したことにより、北朝鮮に攻撃を仕掛けるためにはロシアのインターネットインフラを経由させる必要が生じ、事態は一層複雑さを増す。

セキュリティー企業ファイアーアイの専門家ブライス・ボーランド氏は、北朝鮮の新しい接続サービスについて「国内外のインターネット接続の数を増やすことで、攻撃に対する耐性が高まる」と解説した。
以下省略、全文はソース元にてCNN.co.jp : ロシア国営企業、北朝鮮にネット接続サービス提供 - (1/2)
north-korea-star-story-top

このニュースについて多くの視点からコメントが寄せられていました。コメントした国籍はあまり確認していませんがコメント内容の文脈から見る限り「我々=米国」と表現しているのが多いので、アメリカ人が多いようです。
 【続きを読む】 

北朝鮮の名物アナ李春姫(リ・チュンヒ)さんに海外注目「74歳には見えない」「怖い」

アングル:北朝鮮の名物女性アナ、核実験発表で再び表舞台に (ロイター) - Yahoo!ニュース
北朝鮮が3日実施した核実験のニュースを伝えたのは、李春姫(リ・チュンヒ)アナウンサーだ。
~中略~
74歳で孫がいる李氏は、国家的英雄との評価を受けている。演劇からキャリア転換し、朝鮮中央放送のテレビ放送に初登場したのは1971年だった。

怒りを込めて西側を非難するにせよ、北朝鮮政権の功績や最高指導者の強さを称賛するにせよ、李氏のドラマチックなアナウンスぶりは、他のアナウンサーとは常に一線を画してきた。
~中略~
李氏は、正式には2012年に退職したものの、その後も重大ニュースの発表時にはたびたびテレビに登場している。
DI4OxtqUwAA9oHA
引用したロイターだけでなく世界中のメディアが李春姫アナに注目して報道していました。海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

北朝鮮の水爆核実験に、豪・ニュージーランドからも厳しい声【オセアニアの反応】

9月3日に北朝鮮が6度目の核実験を行い、後に水爆の可能性が高いと判明しました。現在は放射性物質が漏れていないか検査が進行しています。

これらのニュースが報じられた後の海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
今回は比較的「遠い」オーストラリアメディアのフェイスブックのコメントから拾ってみました。
コメントユーザーのプロフィールを全てチェックしたわけではないですが、オーストラリア人とニュージーランドが大半だと思われます。

以下、海外の反応
 【続きを読む】 

北朝鮮がミサイル発射、北海道襟裳岬を通過し太平洋へ落下 【米国韓国など海外の反応】

(CNN) 米国防総省は28日(日本時間29日)、北朝鮮が日本上空を通過するミサイルを発射したと確認した。
~中略~
ミサイルは現地時間の午前5時57分に発射された。
韓国の合同参謀本部は声明で、北朝鮮が首都平壌付近から「正体不明の飛翔体」を朝鮮半島の東の海上に発射したと発表した。
菅義偉官房長官は、ミサイルが北海道の襟裳岬上空を通過し、同岬から東へ約1180キロの太平洋上に落下したとみられると述べた。CNN.co.jp : 北朝鮮がミサイル発射、日本上空を通過 米国防総省

このニュースについて、主にアメリカと韓国のユーザーコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。人気の高いコメント中心にピックアップしましたが、特にアメリカはトランプ大統領と結びつけるコメントが多くて困りました。
 【続きを読む】 

米国「日本、ありがとう」小野寺防衛相がグアムへの北朝鮮ミサイルを(法的に)撃墜可能と発言

北朝鮮、グアム沖に4発発射検討 迎撃可能と小野寺防衛相 - 共同通信 47NEWS
【北京共同】北朝鮮の朝鮮人民軍の金絡謙戦略軍司令官は9日、8日付で発表したグアム周辺へのミサイル発射計画について、新型中距離弾道ミサイル「火星12」4発をグアム沖30~40キロの海上に同時に撃ち込む案を検討していると表明した。実施されれば島根、広島、高知3県の上空を通過することになるとしている。朝鮮中央通信が10日伝えた。

 小野寺五典防衛相は10日の衆院安全保障委員会で、北朝鮮が発射した場合、安全保障関連法に基づく存立危機事態と認定して集団的自衛権を行使し、海上自衛隊のイージス艦が迎撃することは可能だとの認識を示した。

今回は、この共同通信をほぼ引用する形で報道したロイター通信のフェイスブックページに寄せられたアメリカ人など英語圏ユーザーのコメントをまとめてみました。

アメリカ人からは、日本の積極的な姿勢に対して感謝の声が多く寄せらえていましたが、ロイター通信の報道(facebook.com/Reuters/)では、「日本はグアムに向かって飛行するミサイルを撃墜する能力を持っていない」と書かれていることもあり、迎撃能力については疑問視している意見が多くみられました。それと、安全保障関連法については具体的な表現で書いておらず、「合法的に(legally)」としか書かれていないため、海外ユーザーのコメントも「合法」「違法」という表現でしか書かれておりません。
グアム北朝鮮ミサイル

以下、海外の反応。すべて英語コメントからの翻訳で、断りのない場合はアメリカ人か国籍不明です。
 【続きを読む】 

北朝鮮がオバマ向けに制作した空軍映像がコメディとして定着、航空機マニアも大満足

北朝鮮が2013年8月に、オバマ前政権時のアメリカ向けに警告メッセージを送る目的で制作された映像が、3年以上たっても世界中から根強い人気を博しています。
年代物のMig-21を前にして笑いを誘うような将校や、「数分で敵機を撃墜できる」と豪語するパイロットなど、特に航空機・ミリタリーマニアにはたまらない作品になっています。

古いネタですが海外反応サイトでは取り上げられていないようなので紹介することにしました。映像と、コメント欄に寄せられた海外ユーザーのコメントを一部まとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

北朝鮮が中国を名指しで批判、アメリカなどの反応

北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、中国が米国に同調し北朝鮮に圧力をかけているとし「親善の伝統を抹殺しようとする容認できない妄動だ」「長い伝統を持つ隣国への露骨な威嚇だ」と強く非難する論評を伝えた。北朝鮮の国営メディアが中国を名指しで批判するのは異例。

 個人名義の論評としているが、北朝鮮が核開発をめぐる中国の対応に激しく反発している実態が浮き彫りになった。北朝鮮、中国を名指し批判 「親善の伝統を抹殺」:日本経済新聞

このニュースについて、アメリカ人ユーザーのコメントを中心にまとめたのでご覧ください。
楽観的過ぎるかなとも思えるコメントや、引用元ごとに相反するコメントもありましたが、評価の高いコメントはそのまま紹介します。
 【続きを読む】 

日本が半島有事の際、在韓邦人の避難と難民の受け入れへ【NZの反応】

安倍晋三首相は、4月17日の国会答弁で、朝鮮半島有事の際、日本への難民流入を想定した対応を検討していることを明らかにし、約6万人いるとされる在韓邦人の保護についても「必要な準備、検討を行っている」と語りました。(安倍首相が流入難民の受け入れ検討 朝鮮半島有事で - ZAKZAK
これらの言動についてはAP通信などで世界に配信されました。

このニュースについて、今回は比較的遠く離れたニュージーランドの反応を調べてみました。遠く離れているのか意外とも思える反応もあったのでご覧ください。
 【続きを読む】 

金正男氏の息子 金ハンソル氏がYouTubeに動画を公開 【海外の反応】

キムハンソルマレーシアで殺害された金正男氏の息子・金ハンソル氏が、YouTube上で動画を公開し話題になっています。YouTubeに寄せられたコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。


元のオリジナル動画(KHS Video - YouTube)に日本語字幕をつけた映像
 【続きを読む】 

【海外の反応】マレーシア、北朝鮮カン・チョル大使を国外追放

北朝鮮大使マレーシア外務省は3月4日午後11時前(日本時間)、北朝鮮のカン・チョル(康哲または姜哲) 駐マレーシア大使を国外追放すると発表しました。このニュースについてツイッターやフェイスブックでコメントしたユーザーの反応をまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 





 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








相互リンクサイト