後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。

2017年9月12日記事
46歳・伊達、涙の引退スピーチ「とうとう終わってしまいました」(サンスポ)
ジャパン女子オープン第2日(12日、東京有明テニスの森公園)元世界ランキング4位で46歳の伊達公子(エステティックTBC)が現役最後の大会のシングルス1回戦で、世界ランキング67位のアレクサンドラ・クルニッチ(24)=セルビア=と初対戦。0-6、0-6で敗れ、現役生活を終えた。試合後、引退セレモニーが行われ、多くの仲間やファン、関係者が見守る中で思いを明かした。

 伊達は「みなさん、きょうは朝から雨が降っていつから試合が始まるか不安の中、駆けつけていただき、ありがとうございました」と笑顔で感謝の言葉。
 続けて「とうとう終わってしまいました。やっぱりさみしい気持ちの方が強いかなと思います。試合は、本当にきょうは100%にほど遠いプレーになることは自分の中で分かっていたのですが、本当の勝負の場に立つことができるチャンスを与えていただいて、対戦相手の彼女(クルニッチ)もフルでファイトしてくれたことも、テニスプレーヤーとしてうれしく感じました。自分なりには、とにかく1ポイントでも多く、自分らしいプレーができるようにと、最後まで思ってコートに立ち続けました」と、現役最後となった試合を振り返った。(以下省略)

伊達公子
via twitter.com/THETENNISDAILY

以下、海外の反応

伊達公子が引退するは寂しいです。 あなたは人格的にもレジェンドでありテニス界に歴史を築きました。テニスのために全ての情熱をさせげてくれてありがとう。あなたは私にとってテニス界の模範的な存在です。 ルーマニア

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

素晴らしい選手であり、レジェンドでもあり、日本のテニス界のパイオニアでもありました。キミコを表現するには何を言っても言葉が足らないくらいです。今まで多くの素晴らしい試合をありがとうございました。 イギリス

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

長いキャリアの中には地獄のようなときもあったでしょう。キミコは12年のブレイク期間があるとはいえ、彼女のこの成果は目覚ましいもので、おそらく誰もそれに近づくことはないでしょう。 国籍不明
 【続きを読む】