海外の反応


スポンサード リンク
最新コメント
外部サイト記事(★リンク切れ注意)
★下のリンクの中には、リンク切れなどにより、表示されている目的サイトに訪問できない可能性があります。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
記事検索
管理者へメッセージ

ローマン・ゴンサレス

ロマゴンと井上尚弥が戦ったらどうなるか中南米ユーザーが予想、ニカラグア人までも井上に軍配

WBO世界スーパーフライ級王者、井上尚弥の次の対戦相手が決まりそうです。残念ながら、次戦ではローマン・ゴンサレスとは対戦しないことがほぼ確定していますが、逆に対戦を望んでいたスペイン語圏ユーザーの間で、5月下旬からロマゴンvs井上尚弥の対戦予想で盛り上がっていました。

フェイスブックに寄せられたスペイン語のコメントの一部を翻訳してまとめたのでご覧ください。結論を先に言うと、ローマン・ゴンザレスの母国ニカラグア人でさえも、「チョコラティート(ローマンゴンサレスの愛称)が勝つ」と予想した人は見つかりませんでした。井上の強さの前では白旗状態だったようです。
 続きを読む← 
このエントリーをはてなブックマークに追加

【海外反応】ロマゴンまさかの敗戦、「不当判定だ!」と非難殺到

C7QKjE_V4AMI6Y4
3月18日(日本時間19日)、ボクシングWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチが行われ、4階級制覇王者でプロアマ無敗のローマン・ゴンサレスが、元同級王者の挑戦者シーサケット・ソールンビサイに0-2の判定(112-114、112-114、113-113)で敗れ、初防衛に失敗しました。

この試合に関して海外ユーザーの反応をまとめたのでご覧ください。

拮抗した試合内容だったようですが、いくつかのメディアがパンチの有効打を測定したところ、いずれもゴンサレスに有利ということもあり(※画像の補足 LANDEDが有効打、THROWN がパンチ全体の数)、多くの人が、「robbery(不当判定によるタイトル強奪)」と表現していました。

以下は、英語のコメントを翻訳したものです。読む際には次の2点に注意してください。 「Wisaksil Wangek 」はソールンビサイの本名です。海外メディアでは本名でも報道されることが多いです。 「Chocolatito(チョコラティート)」はローマンゴンザレスの愛称です。
 続きを読む← 
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事検索
スポンサード リンク


他サイト注目記事
アクセスランキング(PCサイトのみ)
アクセスランキング(スマホサイト)
リンク元 アクセス数
海外の反応アンテナ33,552
google20,904
yahoo13,303
ライブドアブログ12,122
ニュース速報まとめ桜2,314
海外の反応まとめblogアンテナ927
kaigai.ch514
日本視覚文化研究会431
※集計期間2017年6月1日~6月30日、毎月上旬更新
スポンサード リンク

記事検索

※関連しているかもしれない記事(××.gger.jp不特定サイトから収集しており当ブログではない記事も表示されます。)


過去のおすすめ記事