海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツも積極的に取り上げています。


記事検索
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
管理者へメッセージ

メキシコ

ルイス・ネリが計量失敗、山中慎介との再戦前に王座剥奪【海外ボクシングファンの反応】

ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチの前日計量が28日に都内で行われ、同級王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)が体重超過で王座剥奪となった。

 リミットは53・5キロ。まずは挑戦者の前王者山中慎介(35=帝拳)は53・3キロの200グラムアンダーで一発パスした。ネリは必死に伸び上がって計量台に乗ったが、55・8キロと2・3キロもオーバーだった。

 2時間の猶予を与えられ、約1時間45分後に再計量も54・8キロ。1キロ落としてきたが、まだ1・3キロオーバーのまま。この時点で王座は空位となり、3月1日の両国国技館でのタイトル戦は実施されるが、山中が勝った場合は王座獲得、負けた場合は空位のままとなる。ネリは1日正午に58キロをリミットに当日計量を課せられた。(以下省略、ニュース全文はソース参照山中慎介、計量失敗のルイス・ネリに「ふざけるな」 - ボクシング : 日刊スポーツ

ネリ計量失敗
via twitter.com/asianboxing

このニュースについて海外ボクシングファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。以下、海外の反応

ウェイト調整をしていなかったのか。冗談じゃない。 メキシコ



スライマン(WBC会長)がリング上に留まるようにしてくれたのに、なぜ自分を殺すようなことをするのだろうか アメリカ



最近でも、ネリは体重をきっちり作っているようなコメントを出していた。でも結果は明らかになった。彼は「汚染肉の援助」なしでは体重を作れないということだ。



PEDを使い、1マイル以上の大幅な体重超過で不公平なアドバンテージを得る。オリランド・サリドのような筋書きなのか。あっぱれだね、メキシコ! ウクライナ
(※補足 オリランド・サリドは、ドーピング歴(2006年)と体重超過(2014年)歴のあるメキシコの元世界王者、37歳になる現在でも現役 オルランド・サリド - Wikipedia
 【続きを読む】 

ルイス・ネリが井上尚弥と対戦要望【海外の反応】

ドーピング検査で陽性になりながらもWBC世界バンタム級世界タイトルを保持しているルイス・ネリ陣営が、2018年にWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥と対戦したいとする意向を示しました。


あくまでもネリが山中慎介との再戦で勝った後でという前提での話ですが、海外ボクシングファンからコメントが寄せられていました。一部を翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

生後10か月で体重28キロのメキシコの赤ちゃん、原因は不明

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
【AFP=時事】メキシコ太平洋岸のコリマ(Colima)州テコマン(Tecoman)市に住む生後10か月のルイス・マヌエル・ゴンサレス(Luis Manuel Gonzales)ちゃんは、他の幼児たちと同じように片言でおしゃべりをし、手が届くものすべてに触れようとする。しかし、ルイスちゃんが他の子どもと違うのは体重がすでに28キロもあり、生命の危険さえあるということだ。(AFP=時事)
~中略~
ルイスちゃんがなぜこんなに太ってしまったのか医師たちにも分からないという。ルイスちゃんの誕生時の体重は3500グラムで、兄のマリオちゃんと同じ程度だったが、現在3歳マリオちゃんの体格はルイスちゃんよりも格段に小さい。ルイスちゃんの体重は生後2か月で10キロになり、次の8か月間でさらに18キロ増えたという。

~中略~
 猛烈な食欲と虚弱な筋肉を特徴とする遺伝性疾患「プラダー・ウィリ症候群」の可能性も指摘されているが、ルイスちゃんは特に食欲旺盛でも常に空腹を訴えるわけでもない。

 一家に連絡を取り、ルイスちゃんを診察した栄養専門医のシルビア・オロスコ(Silvia Orozco)氏によると、原因はプラダー・ウィリ症候群ではなく、ある種の栄養素が妊娠中の母親に不足していたためにルイスちゃんの代謝をつかさどる内分泌腺が正常に働いていない可能性があるという。

 その場合、治療にはホルモン注射が使用され、予後は良好だという。【翻訳編集】 AFPBB News
メキシコの生後10か月の赤ちゃん、体重28キロに 原因不明 (AFPBB News) - Yahoo!ニュース
 【続きを読む】 

山中慎介に勝ったルイス・ネリにドーピング疑惑、「メキシコ人は毎回同じ言い訳」と海外から非難殺到

先のボクシング世界戦で山中慎介にTKO勝ちしたルイス・ネリにドーピング疑惑が出ています。メキシコ人ボクサーは「肉を食べた音が原因」と主張してドーピング疑惑を否定する傾向があるため海外からは「同じ言い訳ばかり」といった批判が多く寄せられています。後述で海外ユーザーのコメントを翻訳して紹介しますが、問題点を理解するために先に関連ニュースからご覧ください。
世界ボクシング評議会(WBC)は15日の世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介(帝拳)を破って新王者となったルイス・ネリ(メキシコ)が試合前に行ったドーピング検査で禁止薬物ジルパテロールに陽性反応を示したと23日、公式サイトで発表した。筋肉増強剤クレンブテロールに似た性質を持つという。WBCは調査を進めるとしている。

 日本ボクシングコミッション(JBC)には既に連絡があり、B検体や試合後に採取した検体の検査結果を受けてWBCと対応を協議する方針。
山中慎介破ったネリが陽性反応 筋肉増強剤、WBC発表 - 共同通信 47NEWS
クレンブテロールで問題となったのが三浦隆司(帝拳=引退)との激闘が年間最高試合に選定された前WBCスーパーフェザー級王者フランシスコ・バルガス(メキシコ)だ。昨年、同じく激闘を売り物にするオルランド・サリド(メキシコ)との防衛戦を前に、やはりVADAの検査でその物質が発見された。しかし試合は挙行され、予想を超える死闘の末、ドローでバルガスが辛くも防衛を果たした。

 この時バルガスのプロモーター、ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)は「彼がメキシコのキャンプで食べた肉にクレンブテロールが混じっていた可能性が高い」と報告。バルガス本人も「検査の前に2日連続して牛肉を食した」と認めた。同様なケースでは同じくメキシコの4階級制覇王者エリク・モラレスがダニー・ガルシア(米)との第2戦を前に同じ物質が検出されたことがある。モラレス陣営も「食べた肉に偶然入っていた・・・」と主張したが、試合後サスペンド処分をニューヨーク州コミッションから科されている。

 バルガスがリングに登場できた理由にはアマチュア当時、オリンピック規格の厳格なドーピング試験を何度もパスした実績や相手のサリドが以前、ネバダ州コミッションから違反薬物でアウトになった背景から、自身で率先して検査を受ける姿勢を見せたことが挙げられる。またGBPが政治力でWBCを説得したとも推測できる。

 今回、ネリのケースもメキシコでは“食肉説”が主流。アメリカで飼育された牛肉を(人と物の交流が多い)アメリカ国境に接する町ティファナに住むネリが食べたから――と報じるメディアもある。新王者ネリから薬物反応。山中が失ったベルトの行方はどうなる?Yahoo!ニュース

以下、海外の反応。すべて英語圏ユーザーのコメント。
 【続きを読む】 

山中慎介、ルイス・ネリにTKO負け 「タオル投入の是非」が海外でも話題の焦点に

ボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチが8月15日、島津アリーナ京都で行われ、王者の山中慎介が挑戦者の同級1位ルイス・ネリ(22歳 メキシコ)に4ラウンドTKOで敗れ、防衛記録が12で途切れました。4ラウンド途中からネリが攻勢に出て山中は時折被弾しながら防戦一方となり、山中陣営から棄権の意思を示すタオルが投げ込まれてレフリーがTKOの宣告をしました。


試合前日のメキシコ人ユーザーのコメントと、試合後の海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 



他サイトピックアップ


 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








■リンク集