作品概要と最終回までの簡単なあらすじ
『フランダースの犬』(フランダースのいぬ)は、1975年1月5日から同年12月28日までフジテレビ系列の『世界名作劇場』(放送当時は『カルピスまんが劇場』)枠で放映された日本アニメーション制作のテレビアニメーションシリーズ、およびそれを基にした劇場版アニメなど派生作品の総称。
1997年3月に『THE DOG OF FLANDERS(劇場版 フランダースの犬)』として、テレビ版と同じ黒田昌郎監督、日本アニメーション制作により松竹系で全国公開された。

ネロ 主人公。幼くして両親を亡くし、祖父のジェハンと2人で生活している10歳の少年。ジェハンに似て心が優しく、素直で正直な働き者である。瀕死のパトラッシュを助け、以後一緒に生活する。絵を描くことが好きで才能もある ~中略~
、風車小屋の火事で放火の疑いをかけられて村八分にされたりと、不運に不運が重なり、最終回にてアントワープの大聖堂で飾られているルーベンスの絵を見た後、パトラッシュと共に天に召される。フランダースの犬 (アニメ) - Wikipedia



海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
前半が英語のコメント、後半が韓国語のコメントです。それぞれの海外ユーザーがどのフランダースの犬を見たかは断定できませんが、コメント翻訳元とコメント内容から推測する限り、英語圏ユーザーは1997年の劇場版映画『THE DOG OF FLANDERS(劇場版 フランダースの犬)』、韓国人ユーザーは、1975年から放送された初作品を見ている人が多いと思われます。

以下、海外の反応
 【続きを読む】