「衝撃の3失点「韓国、カタールに33年ぶりに敗北。本大会出場不透明シュティーリケ監督率いる大韓民国代表チームは14日午前4時(韓国時間)、カタール・ドーハに位置するジャシム・ビン・ハマド・スタジアムで行われたカタールとロシアのワールドカップアジア最終予選の試合を行い2-3で敗れた。

カタール戦の最後の敗北は1984年12月10日のアウェー戦だった。これで韓国は、カタールを相手になんと33年ぶりに敗北を記録した。
アウェー0勝(1分け3敗)を含めて8試合4勝1分け3敗。勝ち点13点を維持した韓国は、不安な2位を維持した。イランとのホームゲーム、ウズベキスタンと遠征試合を控えた韓国は、本大会出場が不透明になった。

得点シーンの公式ハイライト映像


この試合を見た韓国人のコメントを紹介します。おそらく本日6月15日に、シュティーリケ韓国代表監督が解任されると思われますが、コメントを拾ったのは14日以前になります。

以下、韓国の反応 (「※」部分は当ブログによる補足)
 【続きを読む】