海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツを多めに取り上げています。


スポンサード リンク
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
管理者へメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オランダ

【韓国の反応】FIFAランキング、日本との比較よりもオランダの急落(11位→32位)が話題に

韓国は6日(韓国時間)FIFAが発表した4月のランキングでランキングポイント700点で43位を記録した。
アジアサッカー連盟(AFC)加盟国では、イラン(ランキングポイント820点)が28位で最も高い順位を守った。
韓国に続き、日本(44位)、オーストラリア(50位)、サウジアラビア(52位)などが続いた。
世界ランキング1位はブラジル(ランキングポイント1千661点)が占めた。ブラジルがFIFAランキング1位に復帰したのは、2010年5月以来6年11ヶ月ぶりだ。
ロシアのワールドカップ出場脱落の危機に置かれたオランダは、3月のランキングの11位からなんと21階段下がった32位まで墜落した。オランダが30位から押し出されたのは今回が初めてだ。(翻訳元中国にすくわれた韓国サッカー、FIFAランキング3階段下落し、43位 (sports.news.naver.com)
このNaverニュースのコメント欄に寄せられた韓国人ユーザーの反応をまとめたのでご覧ください。オランダが急落したというサプライズもあり、いつものような日本との比較は少なめだったようです。
 【続きを読む】 

円型のエンドレス滑走路をオランダ技術者が提案、海外ユーザーの反応は?

空港の滑走路を円形にして、どの方向からでも離着陸可能にするという計画がオランダで発表されました。考案したのは、オランダ航空宇宙センターに勤務するヘンク・ヘッセリンク(Henk Hesse link )氏で、欧州連合の政策執行機関「欧州委員会」から研究プロジェクトへの資金提供を受けているという「お墨付き」もありBBCなどの主要メディアでも報道されています。

このニュースについて、ニュース映像と視聴した海外ユーザーの反応を紹介します。

ニュース映像の翻訳要旨は以下の通りです。
円形の滑走路の空港:オランダの研究者が将来の空港ための円形の滑走路を提案 - TomoNews - YouTube
・ヘッセリンク氏と5つの欧州機関が一緒に協力している「Endless Runway(エンドレス滑走路)」と呼ばれる研究プロジェクトを欧州委員会が資金援助している。
・円型滑走路の直径は3.5kmほどで滑走路にはバンクが付けられており、バンクの影響で飛行機は中心方向に向かうため緩いカーブの影響を受けにくい、また遠心力が働くので着陸機が自然に減速できる。
・横風が吹いていても、影響の少ない方向を選んで離着陸できて困難な操縦が減る。空中待機の時間も減り燃料も節約できる。
・アメリカ軍も、円形の滑走路を1960年代に実験したが、実現には至らなかった。


 【続きを読む】 

【WBC準決勝】プエルトリコがオランダにサヨナラ勝ち 海外の反応+速報ハイライト映像

ワールドベースボールクラシック(WBC)準決勝のオランダvsプエルトリコの試合が3月20日(日本時間21日)
ドジャースタジアムで行われ、延長11回、タイブレークの末、4-3でプエルトリコがサヨナラ勝ちし、2大会連続の決勝進出を決めました。

試合を見たアメリカ人など、海外ユーザーの反応を紹介します。

バレンティンが先制ツーランホームランを放つなど活躍したため、バレンティンにも注目が集まりました。熱戦であったもののタイブレークルールへの批判も目立っていました。

サヨナラ勝ちになる瞬間の映像
 【続きを読む】 

【WBC海外の反応】侍ジャパンがオランダに勝利、菊池の美技を絶賛

野球日本代表「侍ジャパン」は3月12日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦でオランダと対戦し、延長11回タイブレークの末に8-6で勝利しました。海外ユーザーのコメントをまとめたのでご覧ください。特に7回に見せた菊池涼介のグラブトスを絶賛する声が多く寄せられていました。
 【続きを読む】 

【WBC韓国】「ゴチョクの惨事だ」 オランダにも完敗し1次リーグ敗退濃厚 【韓国の反応】

高尺の惨事3月7日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次リーグA組の韓国はオランダに0-5の完封負けを喫し、初戦のイスラエル戦に続いて2連敗したために2次リーグへの進出が難しくなりました。

ショックを受けている韓国人ユーザーのツイートをまとめたのでご覧ください。
どうやら、開催地の高尺(ゴチョク)スカイドームにちなんで、「ゴチョクの惨事(惨劇)」という流行語が生まれそうな気配です。
 【続きを読む】 





 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








■リンク集