条例案では、市内の道路や公園など公共の場所での「歩きスマホ」を禁止し、通行の妨げにならない場所で立ち止まって操作するよう求めています。
罰則規定は設けられていません。
市議会で可決されればことし7月に条例を施行する予定で、市はこうした条例の制定は、全国でも初めてとみられるとしています。
travel-3493877_640

このニュースが英dailymailに取り上げられていました。記事コメント欄の中から海外ユーザーと思われる英語コメントをまとめました。(引用翻訳元 dailymail

以下、海外の反応。(断りのない場合はイギリス人のコメント。)


いいね!ついに常識がまかり通る国が出てきたか。 オーストラリア



イギリスでも同じことをしてほしい。(※同じようなコメント多数)



母親がスマホを見ながら子供をベビーカーに乗せて歩いている姿を見てきた。それがどれほど愚かなことだろうか。

└ さらに赤ちゃんを押す方の手にコーヒーを持ったりしている。



日本人はとても素直なので、おそらくこれはうまくいくでしょう。私が最も煩わしいと思うのは、スマホで話しながら人の前で突然止まったり、道の真ん中に立ったまま歩かなくなったりすること。トランプでさえ、歩くことと話すことは同時にできる。




スマホをしながら自転車に乗るような愚か者にも同じことをしてください。



私は最高に知的なルールだと思う!



どうか施行するようお願いします !早ければ早いほど良い。



ハワイでもスマホを見て道路を横断することは違法になっている。ドアや窓、および多くの公共の場所から20フィート以内でも禁煙になっており素晴らしい法律だ。




歩きスマホに夢中になっている人があなたに向かって来る時、どのような行動をとっても、衝突はほとんど発生する。そういう奴らは周りで何が起きているのかを気にしない。本当にうんざりだ。



いいね。もっと多くの国がこれに続くべきだ。道路を横断しているときでも、多くの人がスマホを見ている。 シンガポール



次は運転しながらのスマホ禁止だね、ああ、それはすでに違法だったか。まあ、それでも毎週何百人もやっている人を見かける。



イギリスでもこれは必要。ストリートには大勢のスマホゾンビがいる。



私の国でもやるべきだ。それとヘッドフォンも問題だね。あれで自分の小さな世界に浸ってしまう。若い人たちだけでなく年配の人も目にしたことがある。 オーストラリア



我々の政府は残念だ。日本政府と同じような根性を持っていない。



日本に数年住んでいたけど、その間、誰もがスマホの世界に没頭していて、ほとんど顔を見ることはなかった。それはどこの国でも問題になっているけど日本では更にひどかった。さらに、使っているスマホのアップグレードをすることにこだわり。最新モデルが出ると、それを手に入れるのが趣味のように、携帯ショップ1店舗に何百人もの人が集まる。 オーストラリア



やはり日本はとてつもなく素晴らしい国だね。この法律と、路上以外に駐車スペースを確保していない場合は軽自動車しか運転で​​きないという日本の法律を採用すべきだ。

└ 正確に言うと、日本で車を買うことができるのは、路上以外の駐車スペースを確保している場合に限るということ。駐車スペースがなければあらゆる車を持てない。



よくやった日本人。私達もこれに続こう。歩道のゾンビウォークは本当に深刻になっている。


翻訳コメントは以上です。
記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリックで投票完了← 1日1票反映)
カテゴリ:日本・日本人に関係する話題 社会