◆銃乱射事件から生徒と教師の安全を確保する防弾シェルター


銃乱射から生徒を守るには、教室に一台「防弾シェルター」
2018年3月1日 18時0分 ニューズウィーク日本版
<フロリダ州パークランドの高校で起きた銃乱射事件後、悩んだ末に学校が行き着いた答えがこれ?>

いつ我が身にふりかかるかわからない銃乱射事件から生徒と教師の身を守ろうと、米オクラホマ州は公立学校の教室に「防弾シェルター」の設置を進めている。

地元局KOCO5ニュースによれば、州南部のヒールトン市の公立学校には、巨大竜巻や発砲事件の発生に備え、生徒35人と教師2人を収容できるシェルターがすでに設置されている。小学校に7基、中学校には大型の2基がある、と同学区のテリー・ショウ教育長は本誌に言った。今後少なくとも2基のシェルターを、高校に設置する計画だという。

米東南部フロリダ州パークランドの高校で、生徒ら17人が死亡する銃乱射事件が起きたのは2月14日。以来、ヒールトンを含む全米の学校が銃の脅威を真剣に見直している。

防弾シェルターはすべての学校向きとは言えないが、「一つの選択肢として考慮すべきだ」とショウは言う。そもそも彼がシェルターに目を付けたのは、竜巻に対する備えのためだった。(以下省略、ニュース全文はソース元参照、米で起きた銃乱射事件で学校が行き着いた答え 教室に「防弾シェルター」 - ライブドアニュース
防弾シェルター


このニュースについてアメリカ人のコメントを翻訳してまとめました。
以下、アメリカ人の反応

こういうものが必要になるというのは悲しいことです。



自動式の武器を禁止にすればいい。終了。



教師に武装させるよりは良いだろう。



私はこれが好きです! 銃撃だけでなく竜巻にも対応できるなんて! これならマルチに使用できます。私の息子が通っている学校は、竜巻で古い校舎が吹き飛ばされたあとに建てられたものです。



防弾シェルターを造ることで利益を得られる人が必要だと言っているのが正解でしょう。その価格は恐ろしいほど高価なのは間違いありません。それでも助けにはほとんどならないでしょう。



うまくいかないでしょう。危害を加えようとする人はどんな手段を使ってでも可能にして実行するでしょう。



賛成できない。もしも犯人が中に侵入して防弾シェルターを見つけたらどうするのだろうか。



私はいい案だと思う。だが、既存の部屋に鍵をかけられる防弾扉と防弾ガラスを設置するほうが良いだろう。アメリカの主要企業と政府機関は設置されているのに、なぜ学校に設置されていないのか?



これは駄目でしょう馬鹿げている。コスト的に割が合わないし、防弾シェルターの普及を推進しているのは馬鹿だけでしょう。
解決策はただ一つ、シングルアクション銃だけを合法化することです。そうそうれば銃を乱射する輩は出てこない。それと、全ての鍵を施錠するようにして、そこにコストをかけたほうが良い。

↑ 君の投稿は、前半の段落部分は素晴らしいけど、後半の段落は駄目だな。

↑ ブラックマーケットから銃を手に入れるのはどうやって止めるんだ?

↑ 子供のためなので、お金は問題ではありません。

↑ 法律では犯罪を防ぐことはできない。すでに銃規制に関する法律は2万もある。

(※補足 銃の方式によって犠牲者の多い少ないの議論もかなりありましたが、本記事の主題とかけ離れているので省略しました。)



教師を武装させることと比べれば合理的でしょう。教師は低賃金です。子供の命を守るために教師に責任を負わすべきではない。子供を守るために訓練された専門の職員を雇っているところもあります。私達の税金はそういったところに使われるべきです。



防弾シェルターを含めて改善するお金はどこから来ているのか。我々は数年間も教育費をカットしている。1人の教師と35人の子供を持つ教室にさらに防弾シェルターをつくるなんて誰が望むのか。



精神病患者から攻撃を受けた時に生徒が教室にいるとは限らない。ホール、カフェテリア、ジム、あらゆる場所にいることが考えられる。



いいアイデアだと思うが、コストの問題とスペースを確保する問題がある。



鍵をかけられる防弾扉のほうが論理的だと思うけど、違うのかな?



防弾シェルターなんて、ほとんどの教室に収められないでしょう。



これは必要ない。鍵をかけていれば教室の安全を確保できるだろう。



倒錯的な革命論者や精神障害が銃を手に入れることを困難にさせる。これが正しい答えだ。



いいや、すべての銃を禁止にするしか無い。


翻訳コメントは以上です。(コメント引用元facebook1facebook2facebook3

カテゴリ:社会