■ノックダウンからの映像(2分4秒)
この試合について海外ユーザーと思われる英語コメントをまとめたのでご覧ください。(引用翻訳元 twitter、boxingscene※閲覧には要無料会員登録
テテ_カシメロ

以下、海外の反応


ワゥ、大番狂わせ!



テテって井上を挑発していたよね(笑)彼はドネアにも勝てない。



カシメロの素晴らしい勝利!



爆笑、一部の人が「井上とテテが戦ったら五分五分」と言っていたのが理解できなかった。テテが井上と戦ったら1ラウンドでサンドバッグ状態になったはず。




レフリングがおかしくないかな?最初のノックダウンでふらついていて戦う能力はなかったでしょう。テテはしばらくの間、かなり危険にさらされていた。

↑ まったく同じことを考えていた。彼は最初のノックダウン後、無力化されていた。



カシメロは軽量級で最高の一人であり、彼は非常に過小評価されている。一部の人が思っているほどの番狂わせではないよ。



笑、テテって「ドネアと井上に勝つ」とか大口叩いていたのと同じ男だよね。

↑ テテはWBSSでドネアと対戦しないという素晴らしい決断をした(笑)



これは番狂わせではない。

↑ そのとおり、番狂わせと言っている人は、カシメロのことをなんにも知らない。



テテよ、おまえはクソ野郎だ。



大爆笑!テテは井上と戦ったら1ラウンドで壮大にノックアウトされているだろう。



カシメロもモンスターになりつつある。直近では5連続KO中だ。



カシメロに賭けて簡単にお金が儲かったよ。テテはこれまでずっと過大評価されていことが今回証明された。テテが井上と対戦したらどうなっていただろう。



あちゃー!井上は来年、間違いなくバンタム級を完全に統一するだろう。テテなら井上に大きな問題を起こすと考えていたけどね。カシメロは井上と戦ってもボコボコにされる。



カシメロとテテは、ノニトの全盛期どころか今のレベルにも達していない。

↑ カシメロを過小評価していると思うよ。彼も井上と同様に3階級制覇チャンピオンだし、ほとんどが敵地で戦っているんだいる。井上はほとんどホームという贅沢な環境だが、カシメロは敵地の世界戦で7回勝利しているロードキラーだし簡単にはいかない。カシメロがアルゼンチンでの世界戦で地元チャンピオンをノックアウトした時は、ファンがリングに椅子を投げつけてカシメロも攻撃される寸前だったんだよ。
(※ 補足 参考ニュース)カシメロ-ラサルテ戦でファンが暴動 | Boxing News
2012年2月14日火曜日
先週金曜日10日アルゼンチンのマルデルプラタで行われたIBF世界J・フライ級暫定王座決定戦でトラブル。試合終了後、会場のファンの一部が暴徒と化し、カシメロと陣営に襲い掛かり、ケガ人が出る事態が起こった。
 試合はIBF3位ジョンリル・カシメロ(フィリピン)と前王者で現1位のルイス・ラサルテ(アルゼンチン)が対決。ダーティーファイターの汚名を持つラサルテはこの日も反則で減点を喫し、カシメロも減点される乱戦。9回、2度ダウンを奪ったカシメロが10回にも倒し、追撃でストップに持ち込んだ。
 終了直後、泥酔したファンがリングに乱入。カシメロに襲い掛かると、数人が加勢。フロアーのイスが投げ込まれ、収拾がつかなくなる。この暴挙で、カシメロのコーナーに就いたアメリカ人マネジャー、ショーン・ギボンズ氏があばら骨を折る重傷。カシメロ自身と他のセコンドにも危害が加わったもようだ。



モンスターはカシメロをぶっ壊す!



テテが破壊されたのは驚かない。彼は最近見栄えが良くなく11秒の秒殺KOのオーラは少し前に無くなっていた。カシメロvs井上が実現しそうだね!




翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリック後サイト表示で投票完了 1日1票反映←) カテゴリ:ボクシング 井上尚弥