後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。負けたとはいえマー君に対する批判は全くと言っていいほどありませんでした。
ヤンキース・田中将大 6回2失点投球で黒星もNY紙は高く評価 - ライブドアニュース
2017年10月14日 16時30分

ヤンキースの田中将大は13日(日本時間14日)、敵地ヒューストンでのア・リーグ優勝決定シリーズの第1戦に先発し、強打のアスロトズ打線を6回4安打2失点に抑える好投を見せた。しかし、敵のエース、カイケルが7回4安打無失点10奪三振と、田中を上回る快投をして1-2のスコアで、マー君に黒星がついた。

メジャーリーグ公式ホームページは「田中は良い投球をしたが、ヤンキースは抑えられた」という見出しで報じた。 「タナカは負けたが、右腕はいいピッチングをした。アストロズを4回に入るまで無安打に抑え、6イニングを2失点に抑えた」と、敗戦投手となったが、2失点ピッチングを高く評価した。 (以下省略)
20171014-000083

アストロズは4回一死の場面で、ホセ・アルトゥーベ(Jose Altuve)がチーム初安打となる単打を放ち、盗塁で二塁を陥れて得点圏に進塁すると、カルロス・コレア(Carlos Correa)の適時打で先制に成功。打者一人が倒れたあと、さらにユリエスキ・グリエル(Yuli Gurriel)の適時打で追加点を挙げた。アルトゥーベがこの日4打数3安打でチーム唯一の複数安打を記録したアストロズは、この回の得点だけで勝利を収めている。アストロズがア・リーグ優勝決定S先勝、カイケルがヤンキース打線から10奪三振 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News


以下、断りのない場合はヤンキースファンの反応

田中はクオリティ・スタートで投げていたが打線が彼を援護できなかった。ピッチングは素晴らしかったがディフェンス面ではアルトゥーベに対応しきれていなかった。それがチームにとって大きなダメージになった。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

田中はこの試合で鋭いピッチングをしたが2点を許してしまった。ヤンキースの攻撃陣が(相手先発の)ダラス・カイケルに沈黙してしまった。確か以前にも同じような試合を見た気がするが。
(※補足)アストロズの先発は2015年サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)のダラス・カイケル投手。田中は15年のワイルドカード・ゲームでも投げ合い、5回2失点で敗戦投手となった。2年前の雪辱を期したが、またも打線の援護がなく敗れ、「相手との違いは走者を出してからの精度の高さ」と唇をかんだ。田中にカイケルの壁=ヤンキース、初戦黒星-米大リーグ:時事ドットコム

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

田中将大はリードされてからも、とてもいいボールを投げていた。ヤンキースの次の相手はジャスティン・バーランダーだが気持ちを切り替えていこう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

田中は再び素晴らしかった。ヤンキースはこの敗戦を気にせずに2戦目を戦ってほしい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

田中は今夜良かった。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

アストロズファンですが、田中は偉大なピッチングをした。凄かった・・・
アルトゥーベがMVPにふさわしいでしょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

彼は良いピッチングをした。私のような凡人の意見ではあるが。

↑ 完全に同意する。 攻撃陣はこのようなパフォーマンスを上げる必要がある。特に我々のようなパワーチームは長打やホームランをあきらめてはいけない。ヒューストン程度のチームなら2点くらい取れるはずだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

田中は中4日でも良いピッチングだったし、今夜に彼を投げさせたジラルディの判断は良かったと思う。田中はデーゲームよりもないとゲームのほうが優れているしアストロズパークはピッチャーが有利な球場でもある。いくつかの大きなフライは、ヤンキースタジアムならホームランになっていたかもと言っていた人もいたほどだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

冗談でなくポストシーズンに入ってから(ヤンキースの)DHはノーヒットのままだ。

↑ ALチームではあるが、いっそのことピッチャーに打たせたほうが打率が良いかもしれない。

 ↑ 事実として、田中は日本でもひどい打者だったわけではない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

少なくとも田中はポストシーズンに入ってからホームランを打たれていない。単打のタイムリーヒットだけだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

田中はやるべきことをやった。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ヤンキースの攻撃陣が貧弱というのは皆の意見が一致していると思うが、アストロズもホセ・アルトゥーベ以外はあまり良くなかった。

↑ まじでアストロズの50%のヒットをアルトゥーベが打っている。


翻訳コメントは以上です。失点のイニングを見ていましたがアルトゥーベの足の速さは尋常ではありませんでした。右打席なのに簡単に内野安打で出塁し、リードをあまり取らずに盗塁してくるし、走塁に関しては全盛時のイチローのインパクトを上回るほどの凄さを感じました。

コメント翻訳元redditfacebooktwitter


カテゴリ:MLB 田中将大