【ニューヨーク時事】米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が7月31日、オリオールズ戦で6回3安打無失点、8奪三振と好投して9勝目(2敗)を挙げた。2試合連続の無失点投球でチームの3連勝に貢献。防御率も3点台(3.84)に下がり、「久しぶりにそういう数字を見た。一瞬にならないように頑張りたい」と口調も滑らかだった。
 6月9日に故障者リスト入りするまでは防御率4.58と不安定な投球が続いたが、復帰した7月以降の4試合では2勝0敗、防御率1.75と勝負の夏場に復調の兆しを見せている。
 エースのセベリーノが7月中旬以降不調で、主砲ジャッジと正捕手サンチェスがけがで離脱。苦しい状況で存在感を示したことは大きい。(以下省略)
ヤンキースの田中、勝負の夏に復調の兆し=「一瞬にならないように」-米大リーグ:時事ドットコム
田中将大9勝
via twitter.com/Yankees

ヤンキースファンのコメントを中心に翻訳してまとめたのでご覧ください。(コメント引用元facebookreddittwitter

以下、海外の反応


セヴィ(※エースのセヴェリーノの愛称)が苦戦している間に田中がステップアップした。



田中はベストではなかったが勝ててよかった。とにかく勝つのが大事。

↑ 6イニング、被安打3、自責点0、8奪三振だけど、たぶん君が問題にしているのは球数の多さだよね。



大きなボーナスバックが帰ってきた。シーズン後半の田中が大好き。




田中将大が遅れて先発ナンバー1に昇格した。しかしそれ以外では他の先発陣が不安定で、打撃でもジャッジとサンチェスが離脱するし、ヤンキースはトラブル続きだ。



田中がエースのようなピッチングがスタートしたが、絶好調のセヴェリーノと絶好調の田中、両者が同時期に揃うことはないようだ。



田中は圧巻だった。それ以外の言葉はない。.

↑ 田中は立ち上がりが不安定なのがいけない。以降は安定していたが。もっと強いチーム相手なら炎上していたとしても不思議ではないよ。



田中が本領を発揮してきた!彼が健康になって復活してくれてよかった!



田中、デリン(・ベタンテス)、チャップマン...みんな今夜も役目を果たした。うまくいけば明日もシャットアウトかな。



田中はこれで18イニング連続無得点。



田中は今夜もお金の価値に見合った働きをした。もはやトレードするのが最も難しい選手になった。



1イニングで30球投げたのは決して正当化できない。特にオリオールズのラインナップはリトルリーグのようだから。



今日の田中は好調には見えなかった。



田中は今や我々のエース。



すばらしいスライダー、クソすばらしいマサヒロが変化球のあとに変化球を続ける、そんな彼が大好きだ。



田中のファストボールがいいのかと問われわばそうではない。スライダーはあるしスプリットは確かにいいだろう。しかし、これで打たれない配球となると。スプリット、スプリット、スプリット、スライダー、スプリット、スプリット、スライダー、スライダー、ファストボール、スライダー、スプリット、と投げるしか無い。



よくやった田中。



田中の防御率が3.84にまで良くなってきた。この男は過去6年間も素晴らしい働きをしてくれた。

↑ 彼は9月とプレーオフで絶対に必要不可欠でしょう。





マサ、マイヒーロー



田中は手術待ったなしの状況から、何らかのパワーを得たのかな。


翻訳コメントは以上です。私事ですが、暑さにやられたのとスマホゲームにはまりすぎて(完全無課金)、記事の公開が遅れました。大谷の連続ホームランの記事はもう少しお待ち下さい。

カテゴリ:MLB 田中将大