後述でヤンキースファンのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
田中将大の13者連続斬りに辛口NY紙も脱帽 第2戦勝利の主役に選出 - ライブドアニュース2018年3月31日 12時19分 フルカウント

田中将大2018開幕戦開幕第2戦のマウンドに上がり、白星を手にしたヤンキース田中将大投手。30日(日本時間31日)の敵地ブルージェイズ戦で6回3安打1失点8奪三振無四球と快投を見せ、チームを4-2の勝利に導いた。シーズン初登板での白星は、デビューイヤーの2014年以来、自身4年ぶり。辛口の地元メディアも2回にソロ弾を浴びた以外、完璧な投球を見せた日本人右腕を「スター・オブ・ザ・ゲーム」に選出している。地元紙「ニューヨーク・デイリーニュース」電子版が伝えている。 

 田中は2回1死からグリチャックに同点ソロを浴びたのがこの日唯一の失点だった。3回はトラビス、ドナルドソンをスライダー、スモークをスプリットで全て空振り三振に仕留めると、ヤンキースは4回にドルーリーの2打席連続タイムリーで勝ち越しに成功。田中はその裏の先頭グランダーソンもスプリットで空振り三振に仕留め、4者連続空振り三振とすると、6回まで圧巻の13打者連続でアウトで締めくくり、お役御免となった。 

 チームを2連勝に導く好投を、地元紙「ニューヨーク・デイリーニュース」電子版は「マサヒロ・タナカが今季、力強いスタート。ヤンキースのブルージェイズの4-2撃破を助ける」と速報。「スター・オブ・ザ・ゲーム」というこの試合、最も輝いた選手に日本人右腕を選出した。 

 記事では「タナカのスライダーは6回を通じて切れ味抜群で、スプリッターは急降下し続けた。特に3回、彼はトロントのジョシュ・ドナルドソンとジャスティン・スモークを擁する上位打線を連続三振に抑えた」と右腕の切り札の変化球を称賛している。(以下省略 )


以下はヤンキースファンの反応(コメント引用元facebooktwitter.reddit.

彼は偉大なピッチングで試合を作った。まだホームランを多めに打たれているけど. ほとんどがソロだからね!とにかく素晴らしい試合だった!



田中が健在で嬉しい。



田中のおかげで開幕ダッシュできたぞ。



(監督の)ブーンが田中をなぜ早く交代させたのかがわからない。彼のピッチカウントは良かったし、流して投げていたから消耗も少なかった。

↑ シーズンの2日目だし我々のブルペンは世界最高だから。

 ↑ ええ、最高のブルペンでリードも十分だった。彼を引っ張る必要はない。

↑ (開幕投手の)セベリーノは同じようなケースで92球まで引っ張られた。ブルペンを温存することを考えると田中を80球で降板させるほどに彼を守る理由は見当たらない。



今夜の田中は凄かった。ブルージェイズ打線はカッターやスプリットに手が出なかった。



6イニングをわずか80球というのは素晴らしいパフォーマンスだ。



彼はエース。もしも彼が健康を保てないとヤンキースは勝つのが難しくなるかもしれない。



また降板が早いとか不満を言っているやつがいるな。我々のブルペンには余裕がある。



田中おかえり。君がどこに行っていたのか不思議に思っていました。

↑ いくつかの駄目な試合をいつまでひきずるのか。昨年のプレーオフの宝石のような投球を忘れたのか。



彼の今年初めての先発登板を見ていて素晴らしい兆候を示していたと思う。



田中ヘイター、ざまあ見ろ



田中の調子は良いように見えた。次は無失点を目指してくれ😎



田中サン!今夜は何球か凄いボールを投げていたね!



田中は日本人の記録を全部塗り替えるだろう。


翻訳コメントは以上です。


カテゴリ:MLB 田中将大