後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
大坂なおみが全米OP優勝! 日本人初のGS制覇:AFPBB News
【9月9日 AFP】(記事更新)全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2018)は8日、女子シングルス決勝が行われ、大会第20シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)は6-2、6-4のストレート勝ちで第17シードのセレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)を破り、日本勢として初めて四大大会(グランドスラム)を制覇した。

 この一戦でセレーナは、第2セットに自身の陣営からコーチングを受けたとして主審のカルロス・ラモス(Carlos Ramos)氏から警告され、激怒した。

 その後ラケットを破壊して2度目の規則違反となり、1ポイントを奪われたセレーナは感情が爆発。セレーナは涙ながらにラモス氏を「盗人」と批判し、謝罪を求めると、ラモス主審はゲーム・ペナルティーをセレーナに与え、大坂は5-3とリードを広げた。

 セレーナは次のゲームをキープした後、チェンジエンドの際にもラモス主審にも抗議を行ったが、大坂は見事に冷静さを保ち、次のサービスゲームをキープして母国にとって歴史的な勝利を手にした。

 迎えた表彰式では、セレーナを応援していた観客がアナウンサーにブーイングを浴びせ、今度は大坂が泣き出す場面があった。するとセレーナは、観客に対して若きチャンピオンへのリスペクトを呼びかけた。

「彼女は良いプレーをしました」と言って一呼吸置き気持ちを落ち着かせたセレーナは、「これが彼女にとって初めてのグランドスラム(のタイトル)です。みなさんの応援はうれしいですが、今を最高の瞬間にしましょう。称賛されるべき人を称賛しましょう。ブーイングはもうやめにしましょう」と続けた。

 そして「おめでとう、ナオミ」と声をかけた。セレーナはその後、大坂は「素晴らしい」試合をしたと話している。母親として初めてのグランドスラムのタイトル獲得を目指したセレーナだが、マーガレット・コート(Margaret Court)氏に並ぶ史上最多24回目のグランドスラム優勝は、今回はお預けとなった。

 一方の大坂は、気持ちの整理がつかない様子で「みなさん、彼女を応援していたでしょうし、こんな終わり方になってごめんなさい」と話すと、「セレーナと全米オープンの決勝で対戦するのがずっと夢でした」と言ってセレーナの方を向き、「あなたとプレーできたことに心から感謝します。ありがとう」と告げた。(以下省略)
大坂なおみ全米オープン優勝
via sports.yahoo.com


海外ユーザーの英語コメントを翻訳してまとめました。以下、海外の反応(コメント引用元 yahoo.com、facebook


ナオミ おめでとうございます, 今日はあらゆる点で勝っていましたね。セリーナの行動と反応は、あなたがプレッシャーを与えて圧倒した結果です。観衆もセリーナに甘く味方するような行動を恥じるべきです。



優勝した大坂におめでとう。ウィリアムズは落ち着きを失って大坂に負担をかけてしまった。 観衆もウィリアムズも、今日は誰に敬意を払うべきかを忘れてしまったようです。このことを次回は忘れないでほしい。



セリーナと彼女のコーチは単にナオミの集中力をそごうとしていた。すべての行為が絶妙なタイミングで行われていたがナオミは屈しなかった。



優勝おめでとう。私の週末を間違いなく素晴らしいものにした。セリーナのパワーに脅かされなかったことを嬉しく思う。未来を祝して乾杯。



大坂が謝ることなんてなにもないよ。彼女はよりよい選手だから優勝したのです。おめでとう!



私は日本人が大好き。日本人はとても礼儀正しく、勤勉に働き、清潔に保ち、その上に礼儀正しさでも最高です。



大阪ナオミの最も幸せな瞬間が、セレーナの怒りと、群衆の反応によって傷つけられ、トロフィープレゼンテーションの際にも示されました。 私は大坂には感動しましたが同時に彼女が可愛そうだとも感じました。



大阪おめでとう!私たちは女子テニス界の新星を待ち望んでいました。素晴らしい勝利だ。



穏やかで謙虚なナオミのことがとても大好きです!



大坂は非常に強くて巧みな選手。当然ながら優勝に値する。



これはまだ始まりに過ぎない。



セリーナが負けるたびにメルトダウンが起きるのはなぜだろう。



うわー、優勝までするとは思わなかった。とはいえ大坂には今後も実りあるキャリアがありますように。



結局のところ、大阪はすでにセリーナを凌駕していたということであり、遅かれ早かれ大阪がトロフィーを手にいれるものだと私は考えている。



私はいつもセリーナのファンですが、今日は彼女の姿勢に失望しました。 最初の警告の後、彼女は落ち着きを保ってゲームに集中すべきだった。 今日は大阪が優勝にふさわしく、たとえセレーナに罰がなくても大坂が勝っていたでしょう。それでもセレーナはオールラウンドの女王であることを示すべきでした。彼女はトロフィープレゼンテーション中に観客をなだめることはしたものの、それが試合中に見られればどんなに素晴らしいことだったでしょう。



セリーナはもっとプロフェッショナルだと思っていたのに。問題のあった3回の警告はすべて審判が正しいと思っていますが、仮に最初の警告が間違いであったとしても、彼女は2番目と3番目の規律違反に対しての警告を知っていたはずです。 彼女はラケットを壊したり、アンパイアを泥棒と呼ぶ必要はありませんでした。



大坂は、日本のテレビコマーシャルにたくさん出演するようになるだろう。



大阪は本当に気品があります。外圧やプレッシャーにも屈しませんでした。これから彼女を応援します。とても印象出来でした。

↑ それは日本人の文化というもの。日本人は非常に非常に謙虚な人々です。





大坂は女子テニス界の将来を背負うでしょう。おめでとう!

↑ そうなるといい。それはスポーツ全体にとっても良いことででしょう。特に女子テニスでは、ここ10年ほど品位のない選手が多くいるからです。

↑ セリーナの時代は終わり、次の世代は日本のレジェンド、大坂の時代になる。


翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(1日1票反映)

カテゴリ:日本・日本人への評価 テニス