対象となっているのは2019年6月1日から2020年6月1日までの収入。大坂の総収入は獲得賞金とスポンサーからなどの副収入を含めて3740万ドル(約40億4000万円)に達し、過去4年連続で女子部門の1位だったセリーナ・ウィリアムズ(38=米国)を140万ドル(約1億5000万円)上回った。

このニュースについて海外ユーザーと思われる英語コメントをまとめました。
以下、海外の反応(引用翻訳元 twitter、reddit
packs-163497_640

ワゥ、記録は破られるということだね。おめでとう。



最高の女性アスリートになるのは時間の問題だと私は思っていたよ。



錦織がフェデラーに次いで年収2位だったこともあったし私は驚いていない。日本人は彼らをスターとして崇拝しているしね。



母国日本から最高のテニス選手として多額の支援を受けた結果でしょう。セリーナは、キャリアの半分は十分にお金をもらっていなかったわけだし。(※同じようなコメント多め)



私と結婚してくれませんか。




しかし最高のテニス選手ではないよね。勝利=お金ではない。



4大タイトルを2回優勝しただけで史上最高額の女性スポーツアスリートというのは・・・価値がないよ。



よかったね。(セリーナ)ウィリアムズの行動は恥ずべきものだった。大坂は優れた選手であり、認められるに値する。



誇張ではなく、ナオミは女性テニス界を引っ張っている。 ナイジェリア



黒人のほうが優秀だということ。



稼ぐにはテニスをしないとね。 イギリス



アメリカの女子サッカー選手は幸せになれないね。



私が得意なのはテーブルテニス(卓球)だけ。 ナイジェリア



彼女の父親はハイチ人で母は日本人。アメリカで育ったのに、なぜ彼女は日本人なの? 南アフリカ

↑ 彼女は日本で生まれで、若いうちにアメリカに引っ越した。そして22歳のとき彼女はアメリカの市民権を放棄しているから、彼女は公正な日本人だよ。彼女のケースは特別なものでもない。



時代は変わっていく。永遠のチャンピオンはいない。



このひと誰? イギリス

↑ テニスをもっと見なさい。 イギリス



彼女には早すぎるかな。彼女にはコート上で成功し続けてほしい。



大坂おめでとう、セリーナは今までよく頑張りました。他の選手も抜けるように頑張ってください。



またテニスコートで大坂なおみと会えるのを楽しみにしています。


翻訳コメントは以上です。
記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリックで投票完了← 1日1票反映)
カテゴリ:日本・日本人に関係する話題 テニス