7月5日(日本時間6日)、この日に25歳の誕生日を迎えたエンゼルスの大谷翔平が、敵地アストロズ戦に「3番・DH」でセンバツ出場し、3回の第2打席にバースデー弾となる13号ホームランを放ちチームの勝利に貢献しました。打った相手はメジャーを代表するジャスティン・バーランダー投手で、MLB公式データ解析システム「スタットキャスト」によると、打球速度が108マイル(約174キロ)、飛距離は423フィート(約129メートル)でした。

13号ホームランの映像

大谷のバースデー弾を中心に、海外アカウントと思われる英語コメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。(コメント引用元 twitter、youtube、reddit

以下、海外の反応


ビッグフライ オオタニサン!! Happy Birthday!!



打たれた後のバーランダーの顔😂😂



大谷のセンター一直線へのパワーは尋常ではない。



トラウトの「ここで打つんだ!」というバースデープランに従った大谷さん。




大谷がホームランを打っている投手のリストをみたい。彼が大きな当たりを飛ばす時はいつも最高レベルのピッチャーからは打っているように思える。



今年51試合だけで13本塁打放ったこの男をホームランダービーに出さないとはとんでもない。



大谷にはドラッグテストが必要だ。素であんなに打てるはずがない。

↑ 馬鹿馬鹿しい。力まずに楽に打っているのに。



大谷は何者なんだ。いつも球場で一番深いところにホームランを打つ。右方向かどこか距離の短いところに打てばいいのに。

↑ インサイドを引っ張れるようになれれば彼はベースボールで最も危険な打者になるでしょう。

↑ そんなのが課題になるのかな。大谷はいつも人生で難しい選択をしている。投打の二刀流をこなして、日本を早々と立ち去った。。

↑ 全部センターに打っているように思えるんだけど(笑)

 ↑ 彼はフィールド全体に打ち分けているよ。



大谷が再び投げられるようになると最高のプレイヤーになるのかな。大きな声では言えないがマイク・トラウトを超えてね。



エンゼルスはせいぜい平凡なチームだが、トラウトと大谷を日常的に見られる限りは決して嫌にはならない。



大谷は今シーズンの終わりまでにOPS1.000 に達するでしょう。



彼がオールスターのホームランダービーに招待されないなんて信じられない。全部台無し。



ハッピーバースデー、大谷翔平!



エンゼルスの大谷翔平は、誕生日をメジャーでホームランを打った日本出身の選手としては松井秀喜、福留孝介についで3番目になった。



ハッピーバースデー、大谷翔平!



初めてMLBの試合を見るために今夜スタジアムに行ったよ。ジャスティン・バーランダー目当てにしていた。彼は大谷から430フィートのセンター超えのホームランを打たれてしまったが良い時間を過ごせた。

↑ 素晴らしい眺め!



ハッピーバースデー。ベースボール界で最も素晴らしい選手の一人としてマイク(・トラウト)と一緒に居続けてほしいです。そして二人はMLB史上最大のデュオになるでしょう!



ハッピーバースデー!あなたの夢が全て叶いますように!




翻訳コメントは以上です。トラウトもまた打ちはじめたので二人を一緒に並べるコメントが目立ちました。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→クリック後サイト表示で投票完了 1日1票反映←)
大谷翔平25歳バースデー弾

カテゴリ:大谷翔平 MLB