テニスの全仏オープン男子シングルス3回戦で、錦織圭が世界ランク67位のチャン・ヘヨン(韓国)を7-5, 6-4, 6-7 (4-7), 0-6, 6-4のフルセットで制してベスト16への進出を果たしました。

この試合は、特に韓国では4大大会としては初の「日韓戦」として注目を集めました。試合は接戦になり、雨の中断で翌日に延期してフルセットまでもつれたため、韓国ではなおさら大々的に報道されました。Naverスポーツでは次のように報道されています。
「薄情な雨」チョン・ヒョン、1泊2日血闘の末、錦織に負け Naver-Sports
チョン・ヒョン(韓国体育大、三星証券スポンサー、67位)が世界9位錦織ケイ(日本)を迎え、1泊2日血闘を繰り広げたが敗れた。

前日上昇に乗っていた状況で、雨天で試合が延期されたことがとても残念だった。前日急激な体力低下を見せた錦織が雨天で一日休んで充電したのがチャン・ヘヨンに不運に作用した。

6月4日(現地時間)、フランス・パリで開催されたフランスのオープンベスト32の試合でチャン・ヘヨンが錦織に5-7 4-6 7-6(4)6-0 4-6で負けた。
~中略~
チョン・ヒョンは、第4セット、最初のゲームで錦織のサービスゲームをブレイクし、気持ちよく出発し、強力なサーブで自分のサービスゲームを無難に守って2-0で逃げた。第3ゲームでもチョン・ヒョンはしつこいプレイと錦織のミスに支えられ、ブレイクに成功して3-0でゲームのスコアを広げた。

錦織は自分のラケットを地面に投げ捨て神経質な反応を見せた。そして第3ゲームから降った雨により試合が次の日に順延された。

上昇に乗っていたチョン・ヒョンにとっては非常に薄情な雨だった。  以下省略
韓国人からNaverニュースにたくさんのコメントが寄せられていました。評価の高いコメントを中心に翻訳したのでご覧ください。編集途中でリアルタイムにコメントが何倍にも増えていたので、反響のすさまじさを感じました。




以下、韓国人の反応 断りのないものは高評価のコメントです。
メディアによって、チョン・ヒョン、チャン・ヘヨン、鄭現と違いますが同一人物です。

昨日、雨で中断しなければ・・・ それでも本当によく戦ったチョン・ヒョン

 ↑ 早く良いコーチを連れて来て進化すると錦織級以上も可能である。

 ↑ 雨は言い訳だ、今後の成長が期待される。(※8割以上低評価)

 ↑ チョン・ヒョンはまだ21歳であり将来が無限である。今後、大けがさえなければ、次世代テニススターだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

最善を尽くして試合したチャン・ヘヨン選手お疲れ様でした最後の本当の惜しかった。

 ↑ 世界上位ランカーを相手にメンタルを豪勢にひっくり返してしまったことだけでも善戦したということ。

 ↑ 錦織は決勝まで行こう フフフ (※9割以上低評価)

↑ 正式なコーチもなく、世界ランキング9位を崖っぷちに追いこんだこと自体が奇跡。こんなスポーツインフラ後進国であんな選手が出たのが信じられないことだよ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昨日雨が降らなかったら錦織のメンタルを駄目にすることができたのに... それでも上手かったです。

↑ 日本の選手はメンタルが崩壊してラケットを投げつけた。雨が無ければ勝つゲームでした。残念ながらよく戦ったし、もっと練習して、次はもっと良い結果になるといいですね〜

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

負けたが、最善を尽くして試合をしたチョン・ヒョン選手お疲れ様でした 最後は本当に残念でした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

残念だった。コーチ陣を早く構成してみよう。 

 ↑ 個人的なコーチもなく...チョン・ヒョン選手のその挑戦に無限の敬意を表します。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

世界でも認められるトップランカー相手に対等に戦えるだけですごい。さらに、錦織はスタッフが5人も付いていてチョン・ヒョンはほとんど一人で試合を準備したとしても構わないほどの状況で対等な勝負素晴らしかった。次は、より期待されるチョン・ヒョンいつも応援します!

↑ 試合が終わった後マッサージしてくれる人までいて、専門家が筋肉をほぐすかほぐさないかでは本当に回復速度が空と地の違いなのです(涙) 今は若いからともかく、今後本物の良いチーム必ず必要だ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

実際、あまりにももったいない。世界ランキング9位を相手に本当によくしてくれた。とても残念だ。昨日、雨が来なかったら本当にチョン・ヒョンが完全に勝てる勢いだった。雨が錦織に味方した。それでも本当によく戦った。チョン・ヒョン。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

チャン・ヘヨンのような選手に国が全面的な支援をしなければならない。錦織は日本ソニー社の会長が10歳の時から今まで錦織を世界的なテニス選手を作るためにサポートしているんだよ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

錦織がどのくらいの選手かというと、オリンピックの銅メダリストで、ナダルまで破っている選手である。個人的にはストロークのみで見ると、フェデラーに匹敵する選手である。錦織専属のスポンサー後援に、コーチ、医療スタッフ、マッサージ師からしてサポートがものすごいこと...こんな選手を21歳チャン・ヘヨンが崖まで追い詰めた。本当に誇らしいし、すごいこと!!!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

本当に悲しい現実がある。錦織はコーチと医療スタッフ含めて5人、チャン・ヘヨンはコーチ陣もなく移動...一日休んでも両方の疲労回復自体が違うようだ。韓国の有名コーチ医療スタッフについてもらってトップ10まで上がることができたらいいな。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

最後にダブルフォルトなんて.... 


以上、翻訳元news.naver.com
DBekI6OUAAAidHQ
via twitter.com/dna

DBYoI5pU0AAOSp9
via twitter.com/sportugese

記事内容が「よかった」「役に立った」と思われたら ブログランキングの投票 をしてもらえると励みになります(1日1票反映)
カテゴリ:テニス 日本が間接的に関わる話題
スポンサード リンク