ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザーとキックボクシングのチャンピオン那須川天心が、12月31日総合格闘技RIZINのイベントで3分3ラウンドのボクシングルールでのエキシビションマッチで対戦し、メイウェザーが1ラウンドに3度ダウンを奪ってTKO勝利しました。後述でSNS等に寄せられた海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
フロイド・メイウェザーが那須川天心を最初のラウンドでノックアウトした。
驚きはない。

以下、海外の反応(コメント引用元youtubefacebookreddit


これはボクシングではない。これは、みせかけの演出と呼ばれているもの。



天心の目的は何だったんだ。こんな悲しい結末になることは想像できただろうに。



日本にとってなんて恥さらしなんだ。




子供のようなひどい演技。彼があらゆるパワーショットを受けてロープに飛んでいる様子を見ていると、まるで銃で撃たれたようだった。日本で試合をしてメイウェザーを巻き込んでいるのにひどい演技だ。



ボクシングにとってなんて恥さらしなんだ。メイウェザーは10ポンド以上重い。そして那須川はかろうじて100ポンド(約45.3キロ)くらいに見えた。いくつかの場面でやらせっぽいところもあったし、ああ恥ずかしい・・・



ボクサーが、このキックボクサーの男とボクシングルールで戦う理由がわからない。サッカーのゴールキーパーに手を使うなと言っているようなものだ。無意味なイベント。



キックボクシングには「ボクシング」という言葉があるが、ボクシングには「キック」という言葉はない。 つまり、キックボクサーはボクシングの仕方を当然知っているべきであり、キックとボクシング両方のエキスパートになるようにしなければいけない。 結局のところ、この男はボクシングのルールの下で試合をすることを選択したのだ。 負けたからって泣くな。



那須川天心は、お金を仕込まれた有給俳優だ。良いショーだった。

↑ 仮にショーだとするなら、日本でベストファイターの1人である彼を、日本で試合をさせて1ラウンドで解体させるとは思えない。



フロイドが巨人のように見えた。やはり体重クラスは重要だね。フロイドはまだ同階級のボクサーの大半に勝てるだろう。



ヘビー級対ライトヘビー級のような試合だった。



ガールフレンドが目覚めた時、彼女にこの試合の状況を説明して見せたんだ。彼女は「この子供が辱めを受けているのはとても悲しい」って言うんだ。



彼は10才児をこてんぱんにやっつけた。よくやったフロイド👏🏼



おじさんが養子をいじめて遊んでいるみたい。



少しは名誉に値する。この若い男は自国を代表して負けてしまって泣いている。ボクシング史上最高の相手と戦ったのだ。メイウェザーと戦って得たものもあるだろう。



天心はこの試合で惨敗して泣いたが、彼の挑戦には少しばかり尊敬した。しかしこの試合をセットした関係者とは手を切るべきだろう。





次の試合、メイウェザーはカンガルーと戦えばいい。

↑ そうだね。それで公平になる。



メイウェザーはマクレガーや那須川天心みたいなのが挑戦してくる限り、ボクサーとしての引退を撤回する必要はないだろう。


翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票(クリックのみで投票完了、1日1票反映)をしてもらえると励みになります

現地撮影映像


那須川天心メイウェザーvia twitter.com/Boxing_exposure

カテゴリ:ボクシング 日本・日本人への評価