平昌オリンピック、フィギュアスケート女子のフリーが2月23日に行われ、日本の宮原知子はショートプログラムに続き、フリーでも自己ベストを更新し、合計222.38点をマークしましたものの、4位と銅メダルには届きませんでした。坂本花織は終盤の3回転ループ以外はうまくまとめたものの6位でした。後述で、日本人選手の宮原知子と坂本花織について、海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。

ザギトワとメドベージェワが、フリーで同点かつ高得点となる大接戦を演じてザギトワが金メダルを獲得しています。
1位 アリーナ・ザギトワ個人資格(ロシア)239.57 (82.92+156.65)
2位エフゲーニャ・メドベージェワ個人資格(ロシア)238.26 (81.61+156.65)
3位ケイトリン・オズモンドカナダ231.02 (78.87+152.15)
4位宮原知子日本222.38 (75.94+146.44)
5位カロリーナ・コストナーイタリア212.44 (73.15+139.29)
6位坂本花織日本209.71 (73.18+136.53)

■宮原知子と坂本花織、フリーの映像


宮原知子4位
via twitter.com/sponichi_hanbai


以下、海外の反応

(宮原知子についてのコメント)
今夜の知子はとても素晴らしかったです。彼女が氷上のモンスターとオリンピックの悪魔を克服しただけでなく、積極的に攻めに出てそれらを征服しました。彼女はメダルを取れなかったものの私は心を打たれました。これから先、更なるサプライズな知子を見られる日が待ち遠しいです。 アメリカ



私は彼女の強さに敬服しています。謙虚な姿勢と情熱があらゆるステップからにじみ出ていました。彼女は記憶に残る演技をしてくれたし、彼女自身がやりたかったことを達成できたことを願っています。 ポーランド



彼女が結果を出して嬉しいです。私が今まで見た4位のプログラムでは最高でした。合計220以上のスコアを出すのは簡単にできる偉業ではありません。彼女が2022年まで現役を続けられることを願っています。 オーストラリア



今回の彼女のパフォーマンスを見て虜になりました。そもそも負傷明けの彼女がオリンピックに間に合って出場できるとは思っていなかったのに、全日本女子で勝利してオリンピックで4位、この結果に不満なんかありません。



4位で正直がっかりしましたが、彼女はいつものように美しく演技し、何よりも彼女自身がとても満足しているのを見て嬉しかったです。彼女は将来さらに上昇していくと確信しています。



何も恥じることはありません。彼女はパーソナルベストを更新して未だに日本最高です。すごかったよサットン! アメリカ



知子がオズモンドに及ばなかったコンポーネンツを確認すると。TESでは約1.5ポイント、PCSでは約4ポイントの違いがありました。 これは間違いなく不合理であり、今のフィギュアスケートのスコアリングに問題があります。



今夜の彼女のパフォーマンスは銅メダルに値します。それにしてもPCSが何でこんなに低いのかが理解できません。彼女の基本的なスケートと曲の解釈はとても良かったです。 これらについてはコストナーのレベルと同等だったはずなのに、フットワーク、要素のつなぎ、振り付けなどで下にされてしまってPCSで4点、5点の差がついてしまう理由は何なのかが本当に理解できません。



素晴らしいパフォーマンスでした。知子おめでとう!あなたはオリンピックで最善を尽くして素晴らしい成果を挙げました。彼女があまり失望していないことを願っていますが少なくとも演技の後はとても嬉しそうに見えました。彼女のジャンプは負傷から完全に回復して良くなっており、さらに進化し続けると信じています。



私たちに2つのすばらしいパフォーマンスを披露してくれてありがとうございます。あなたは情熱と芸術性を兼ね備えたスケーターとはどうあるべきかを示してくれました。 あなたの2018年の冬季オリンピックのパフォーマンスは、間違いなく記憶に残るものになるでしょう。 フィリピン



素晴らしいFSでした。知子おめでとう!銅メダルを取れるかなと応援していましたが、それでも彼女はオリンピックの2度のステージで後悔していることは何もなかったのでしょう。 ポルトガル



彼女が3位になってほしかったが、それでも絶妙なパフォーマンスを目の当たりにすると、もうこれ以上は何も望みません。おめでとう知子、彼女の氷上での上品さは私にとってカロリーナ(・コストナー)と同等かそれに次ぐくらいのものです。



彼女のことを「ミスパーフェクト」と呼ばない理由はありません。彼女は、私が期待していた以上に飛躍的に進化しました。 ベトナム



私が願っていたのは、綺麗にFSを滑って幸せな笑顔になることでした。それは実現しました。知子の両方のパフォーマンスはとても輝いていて、表彰台に上がれなかったのは残念ですが賞賛に値します。一年前、彼女は腰の疲労骨折と診断され、再びジャンプすることができるのかと疑問に思っていました。でも彼女は今日も光り輝きました。たとえ新しいGOEルールが彼女にとって有利にならないとしても、たとえジュニアから才能あるスケーターが増えて競争が激しくなったとしても、彼女がさらに4年間スケートを選んでくれることに感謝します。彼女の進化と美しいプログラムとパフォーマンスを楽しみにしています。 ルーマニア



彼女は相変わらず美しい演技で、オリンピックという大舞台ででベストを尽くしました。まさに「Tiny Queen(小さな女王)」でした。



彼女は銅メダルを取れなかったとはいえ、最高のパフォーマンスを発揮できたことを嬉しく思います。また4年後にも彼女の姿を見せてほしいです。 フランス



誰がなんと言おうとも、このイベントではあなたが真の女王でした!



(※以下は坂本花織についてのコメント)

花織がトップ6に入ってくれて嬉しいです。シニアスケーター初年の成績としては注目に値します!



花織にはまだまだ改善の余地があります。私は銅メダルという微妙な希望を抱いていましたが、6位でも素晴らしい順位です。オフシーズンになると彼女のアニメのような愛らしいキャラクターを半年も見られないと思うと寂しいです。 ベトナム



坂本花織、あなたはこの世代の女の子にとって最高のスケーターだと思います。あなたは本当の煌めきを持っています。あなたがこれからもアーティストとして、その潜在能力を高めていくのであれば2022年の北京オリンピックで勝てるように応援します。



彼女にとってこのオリンピックが、より大きなキャリアの足がかりになることを願っています。彼女は改善して大きく伸びる余地があります。悲しまないでください。



花織は輝いていました!来シーズンの彼女を待ちきれません!


翻訳コメントは以上です。(コメント引用元goldenskate1goldenskate2

カテゴリ:フィギュアスケート 日本・日本人への評価