当ブログで何度か紹介している東京在住のフィリピン系アメリカ人ユーチューバーPaolo fromTOKYOさん制作の「働く日本人の1日密着シリーズ」。今回は、週刊少年マガジンで連載中の「彼女、お借りします」などの代表作がある漫画家・宮島礼吏さんに一日密着しています。

映像 (15分8秒 2019/11/15 公開)
(日本語字幕付き、表示されない場合「設定→字幕→日本語」で表示できます)


この映像を見た海外ユーザーと思われる英語コメントをまとめたのでご覧ください。(引用翻訳元 youtube
漫画家・宮島礼吏に1日密着
via Paolo fromTOKYO

以下、海外の反応


アシスタントたちが何年もの間、この職場に留まることを選んだ理由がわかる。働きやすい場所であり、素晴らしいコミュニティのようだね。



なるほど、漫画家に雇ってもらって日々過ごすのは誰のところがいいのか、それは宮島礼吏なんだね。



私は将来アニメーターになりたいので、このビデオは本当に役に立ちました!




私は、漫画家に対してゾンビみたいな印象を抱いていた。この男は元気そうだ!



憂鬱な生活をしていなさそうな日本人を初めてみた。



0:51 プレイステーションが眠っている。



2:12~、これは私が今読んでいる連載漫画じゃないか。ちょっとビックリ。

↑ それは凄い。

↑ どの漫画なの?

 ↑ 「彼女、お借りします」だと思う。



まさか彼は「彼女、お借りします」の作者なの?あの漫画大好き!(※同じようなコメント多数)



彼の絵は美しいね!彼の漫画を絶対チェックするよ。



この男は34歳なのか。私の大学のクラスメイトよりも若く見える。

↑ とにかく日本人は食習慣が良いからね。世界の殆どの人よりも健康的な食事をしている。



一日密着シリーズの中で、今回のは最高だ。困難な仕事がどのように行われているかわかった。自分の仕事なんて難しくもないのに良い収入をもらっていたんだな。このシリーズを作り続けてくれてありがとう!



私は10:18~のペン回しすらできない。



HUNTER×HUNTERの冨樫義博で「1日密着シリーズ」を作ったとしたら、ドラゴンクエストを1日中プレイして、漫画を書くのを忘れてた、というオチになる。
(※補足 )冨樫義博氏は、ゲームにのめり込みすぎて休載が続くという噂があるため(あくまでも噂)
(※参考ニュース)漫画「HUNTER×HUNTER」再開で「どこまで続くのか?」が早くも話題!アサ芸プラス
人気ゲーム『FF11』の影響で『HUNTER×HUNTER』連載中止との声 (2010年3月1日) - エキサイトニュース



妻や息子がいるということだが、いつ会っているのだろう。

↑ あくまでも1日をとりあげただけ。週末とか、編集者と打ち合わせのない日に余暇を過ごす時間があるのでしょう。



パオロの動画はいつものようにすばらしい仕事をしているね。 できれば「日本の警察官に1日密着」、それか看護婦を見たいな!これからも素晴らしい動画を出し続けてください!



お願いです。「ヤクザの1日」を作ってください。



今回のエピソードは本当に有益で気に入った。彼はとても自信にあふれていて統率を取れていた。



彼は幸せそうだ。がんばってね。




翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリック後サイト表示で投票完了 1日1票反映←)
カテゴリ:日本・日本人の作品、製品 日本・日本人への評価