日本国内専用として誕生し、後に欧州市場にも投入されたSUBARUレヴォーグの次期型プロトタイプが発表されて海外からも注目を集めていました。後述で海外ユーザーと思われるコメントをまとめたのでご覧ください。




以下、海外の反応(引用翻訳元 youtube、reddit、carscoops.com
次期レヴォーグ
via subaru.jp



おお、これこそスバル!



スバルがここまでカッコいい車を作るとは思わなかった。



これは素晴らしいね。米国でも手に入らないかな。ウェブサイトを見る気のない人に説明しておくけど、最新のグローバルプラットフォームと1.8ボクサーエンジンターボを搭載したワゴンだよ。

↑ 日本とヨーロッパ専売なので無理。




これだとスタイルを変えた(レガシィ)アウトバックみたいだね。



J.D.パワーによると、スバルアウトバックは米国ワゴン市場全体の販売で85.7%という圧倒的シャアを占めているそうだ。どうか、このレヴォーグを米国に持ってきてね。

↑ ワゴンは米国では人気がないよ。

 ↑ 私みたいなワゴン好きは無視されてしまうんだね。



これは素晴らしそうだね。でもスバルは未だにアメリカでこの素晴らしい車を売ろうとは考えていない。

↑ スバルにはすでにアウトバックがあるからだと思う。さらにワゴンの市場シェアはすぐには伸びないし、たとえ投入しても共食いになるんじゃないかな。



これがカナダでも見られるようになればいいのに。



どうかアメリカにも6MTで投入してください!



米国市場では、やる気の無さそうな適当な車しか受け入れられないからね。車メーカーを責めることはできない。



こんな醜い車は日本に閉じ込めてほしい。レヴォーグという名前も同じくらいに醜い。(※低評価コメント)



これは2021年のWRXがどうなるか、ヒントを与えてくれている。



レヴォーグにCVT以外の選択肢があれば、英国でさらに売れたかもしれないのに。現状、スバルは英国ではそれほど多く車を売っているわけではない。



ビュイック・リーガルワゴンのように見えるのは私だけかな?
message-editor_1505237336586-cq5dam.web.1280.128011
via thedrive.com

↑ うん、新型シビックハッチバックと混ざったリーガルワゴンみたいだ。とてもナイスだね。インテリアは少し退屈だけど全体的に際立って見える。



少なくとも、スバルはSTIをアップデートしてほしい。

↑ STIにするには大規模なドライブトレインの改善が必要だよ。新しいSTIが「そのルーツに忠実」であるならば、同クラスで他に類をみないパフォーマンスを発揮してほしい。



ついに、コンセプトカーにふさわしいスタイルを持つスバル車が生まれたか。レヴォーグがこのまま発売される日を楽しみにしている。




翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリック後サイト表示で投票完了 1日1票反映←) カテゴリ: 日本・日本人への評価