kujaku


■映像 2020/03/21公開
(※掲載元の説明から翻訳)
コロナウイルス マドリード中心部にいる孔雀
人間の不在を利用して、動物が街中の路上に出没する報国がインターネット上で増加している。マドリードでさえも・・・


この映像についてスペイン人などスペイン語圏ユーザーと思われるコメントをまとめたのでご覧ください。(引用翻訳元 YouTube

以下、海外の反応


人間が自由を失い、動物たちが自由を得たのか。



あの孔雀たちは空腹そうだね。



明日になったらオオカミとトラがいるよ。




まるで警察から逃げているみたいだね。



自然界の生き物が道を歩くことは、路上に車や人がほとんどいないときに起こる。

↑ 誰も餌をあげないから。



あの撮影者は隔離を怠ってマドリードの市内を歩き回っているのか。家にいなさい。無責任だ。

↑ 彼はスーパーマーケットに行く途中に違いない。

↑ 君だって家にいても食事はするだろう。スーパーや薬局など買い物に行く必要はある。

↑ スーパーマーケット、薬局、または犬の散歩。



あの鳥はどこからきたのかな。美しいね。



あそこはエルビラ通りで、フエンテデルベロ(Fuente del Berro)公園の入り口近くにある。普段からそこで孔雀を見るのは普通だよ。大半の人にはわからないだろうね。




あの鳥を世話する機関はどこになるのか。



人間が活動をやめれば自然は活動を広げる。もしも私達が即座に全滅すれば、人類の痕跡は跡形もなくなるでしょう。



あの孔雀は捕食するために弱い生き物を探しているのだろう。😞



新種が誕生したりして。



今や、私達人間が檻の中にいて、動物が自由に人間を見るようになった。なんて皮肉なんだ。


翻訳コメントは以上です。下の映像は、人がいた平常時(2020/02/08公開)に公園内で撮影された孔雀です。人がいなくても餌がとれているといいですね。
記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリックで投票完了← 1日1票反映)
カテゴリ:社会