野球日本代表「侍ジャパン」は3月12日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦でオランダと対戦し、延長11回タイブレークの末に8-6で勝利しました。海外ユーザーのコメントをまとめたのでご覧ください。特に7回に見せた菊池涼介のグラブトスを絶賛する声が多く寄せられていました。




以下、海外ユーザーのコメントを翻訳したものです。(日本人と思われるのは除外)

・キクチを忍者と呼ばせてもらおう。守備範囲が広く堅実だ。

・今日は私にとってお気に入りの日本のプレイヤーが生まれたよ。もしかすると菊池にとっては偶然のプレーではないかもしれないね。

・久々に最高の試合を見ました。でもオランダも絶対勝ちたかったでしょうね。

・優勝チームと準優勝チームが戦ったような素晴らしい試合でした。

・信じられないプレー。しかし(捕球した)ショート坂本はの足はベースについていましたか。オランダ側はチャレンジしましたか
 ↑ リプレイを見る限りベースに足が入っているように見えました。菊池による偉大な逸品です。それと、準決勝に入るまではチャレンジすることはできません。

・日本は残り試合も勝つでしょう。もう止まらないよ。

・WBCの試合を見ると、どのチームにも熱狂的なファンがいるし、ベースボールは国際的なスポーツでアメリカだけのスポーツではないことが分かります。私たちはWBCをワールドシリーズにするべきです。

・日本とオランダの間で繰り広げられた幻想的なゲーム、とてもよかったです!!

・グレートジョブ、菊池! 日本チームに貢献した!

・今まで見たことのない凄いプレーだった。

・この俊敏で軽快な二塁手はパワフルなスラッガーでもある。彼はレッドソックスのダスティン・ペドロイアに似ている。
(※補足 )ダスティン・ペドロイア - Wikipedia
公称身長約175cm(実際は170cm程度とも言われている)と小柄ながら、広い守備範囲と堅実なグラブ捌きを見せる。打撃面ではフルスウィングながら、コンタクトが非常に上手いので、三振を喫することはほとんどない。

・あの反応の速さは尋常ではなかった。もっと正確な送球をする余裕はあったかもしれないが、とっさにボールを出したのだろう。

・昨日「イスラエルがキューバに勝ったから韓国は死の組で負けた」って言い訳していた人がいたけど、日本が(韓国に完勝した)オランダに勝ったいうことは、これが日本の実力でしょう。組み合わせがどうこういうのは言い訳に過ぎない。

・もうWBCはエキシビジョンマッチではない。アメリカのファンは皆そう言っています。 (+25 いいね)


以上、翻訳元 ツイッターのツイート、facebook.com/worldbaseballclassicreddit.com/r/baseball/sports.news.naver.com


記事内容が「よかった」「役に立った」と思われたら ブログランキングの投票 をしてもらえると励みになります(1日1票反映)
カテゴリ:日本・日本人への評価 NPB