フィギュアスケートのグランプリファイナルが12月6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕し、女子ショートプログラム(SP)では紀平梨花が世界最高得点を更新する82.51点で首位に立ちました。

この結果について海外ユーザーと思われる英語コメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
以下、海外フィギュアスケートファンの反応(コメント引用元 youtube、goldenskate



80点台!! 🤣
20181207160535



彼女がSPでトリプルアクセルを決めたのを初めて見ました!とてもエキサイティング!



彼女がついにやりました。 私は本当にこのプログラムが好きです、土曜日も一人勝ちしてください、梨花!



良かったね梨花。苦労した末に、この勇敢で勤勉な女の子はついに彼女にふさわしいものを手に入れました。明日も良いパフォーマンスを期待しています。




彼女がついにショートでトリプルアクセルを成功させた!とてもよかったね。



梨花が恐ろしいパフォーマンスを発揮しました。SPをミス無く終えられたのを嬉しく思います。スピン一つがレベル2と判定されたのは残念でしたが全体的な結果は変わりません。
(※参考ニュース)
紀平梨花、ザギトワ超え世界最高82・51点でSPトップ 異次元…男子級の技術点(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュースから一部引用)
フライングシットスピンがレベル2の判定になってしまったが、足換えコンビネーションスピン、レイバックスピンは最高評価のレベル4。ステップシークエンスもレベル4がついた。演技後は両手でガッツポーズをつくった。
発表された得点が思い描いていたよりも高かったのか、驚きの表情で見つめていた。それもそのはず、各要素の得点の合計にあたる技術点は47・36点をたたき出したが、これはこの日に男子2位となった宇野昌磨の46・88点を上回り、ネーサン・チェンの48・78点に迫る数字。驚異的な高得点と言える。



彼女はここ一番の大事なときに最高のスケートをしました。彼女がフリーでも続けられることを願っています。



新しいお気に入りスケーターを手に入れました。彼女は可愛らしい!これらのpcs(演技構成点)は正当に値するものです!



びっくり、梨花はとても素晴らしかった。ただただ凄い!新しい世界記録!彼女が3Aを成功させたとき私はとても熱心に応援しました。



私は会場にいました。私は生で競技を見るのは初めてなので多くの考えを持っています。紀平梨花が明らかに目立っていました。 3A、その他のジャンプ、スピン、芸術性のすべてが今日は良かったです。私は特にステップシーケンスに感銘を受けました。競技後、フィギュアスケートについて何も知らない私の友人たちは、彼女についてしか話をしませんでした。過去の大会では、彼女がフットワークを急いで音楽にうまく一致しないと感じていましたが、この大会前に彼女がその問題に取り組んだようです。このような驚異的なパフォーマンスを生で見られて嬉しいです。



美しくて素敵なドレス。



本当に美しいスケート。サンキュー梨花。



ワオ。とにかくワオ。



私もとても嬉しいよ、梨花!今までの彼女のSPは3Asに失敗しても、とりあえずOKと思っていたけど・・・しかし凄い!彼女はやり遂げました。それは美しかった!





アリーナの振り付けは失敗していたし、梨花のスケーティングとは明確に差があった。



アリーナの短命統治はすでに終わったようです・・・



ついに、氷上から2インチ以上ジャンプできる魅力ある日本人女性がトップに立ちました!これから彼女をずっと見守っていきます。

↑ まさにそのとおり!ロシア女子にとっても競争相手がいることは良いことです。梨花の調子が一貫してきたし、今日は素晴らしいスタートでした。


翻訳コメントは以上ですが、良いコメントがあればもう少し加筆します。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(1日1票反映)

カテゴリ:フィギュアスケート 日本・日本人への評価