アメリカ大リーグ、シカゴ・カブスを自由契約になったムネリンこと川崎宗則が、3月30日、古巣のソフトバンクホークスへ復帰することが有力だと報じられています。(報道例 川崎、ホークス復帰決定的 - 西日本新聞

今後、まだ事態が変わるかもしれませんが、このニュースについて、MLBファンも注目しています。3月30日時点でのMLBファンの反応を紹介します。


以下、MLBファンの英語コメントを翻訳してまとめました。(日本人と思われるのは除外)

・いやだあ!どのMLBチームでもいいから彼の魅力に気付いて獲得してほしい!(ヤンキースファン)

・全世界の誰もが彼を愛している!(カブスファン)

・彼のファンサービスはもっとリスペクトされるべきで、尊重してくれるリーグがふさわしいだろう。(フィリーズファン)(+76)

・このままでは本当にMLBから出て行ってしまうでしょうね。どこかのチームが彼を拾ってほしいな。(ロッキーズファン)

・私は日本に戻るのに賛成です。日本で現役を続ける間も楽しい話題を提供し続けてください。MLBのために色々ありがとうございました。(+11) (MLBファン)

・彼は本当に素晴らしい男だと思う。スーパースターではないが他の選手では決して代用できない。(カブスファン)

・川崎の20116年の成績は、26打席でOBP(出塁率)が、462 もある。彼は優秀だよ。(詳細プロフィール非公開)

 ↑そんな馬鹿な・・・(カブスファン)

・私はこの男を愛している(レッドソックスファン)

・彼はいつも私たちの心に寄り添っていてくれた。(MLBファン)

・もしも自分がMLBチームの放送局を経営しているなら、すぐに川崎をフィールドレポーターとして雇いたい。(カブスファン)

・彼はいつもベストを尽くしていた。本当の楽しみをフィールド上で見せてくれた。(ブルージェイズファン)

・驚くことではない。去年の初め頃、彼はアメリカで過ごすのは最後で2017年に日本に戻ると言っていた。カブスファン

 ↑彼はカブスにワールドシリーズ優勝をもたらす彼の目標を達成ているしね。(カブスファン)

・結局は元々いた場所に帰っていくということだね。(マリナーズファン)

・「国境の壁を取り払ってくれて、決して閉じることをやめない」それが川崎宗則だ。(ドジャースファン)

・ゲスなカブスを見てください。カブスは川崎のおかげで「108年にも及んだヤギの呪い」が解けたのに、ちょっと彼に感謝しただけで、結局は日本に送り返そうとしているのです。(マリナーズファン)>
※補足 カブスには「ヤギの呪い(ビリー・ゴートの呪い)」と呼ばれるジンクスがあったから。熱狂的なカブスのファン、「ビリー」ことウィリアム・サイアニス(1895~1970年)はいつもヤギと試合観戦に訪れていたが、1945年10月6日のワールドシリーズ第4戦で「くさい」との理由でヤギとの観戦を拒否された。ビリーは「ヤギの入場が許されるまで、カブスはワールドシリーズで優勝できない」と言い放ったことが、優勝できない理由とされていた。【MLB】カブス108年ぶり優勝は映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」で予言されていた? 「ヤギの呪いが解けた」とファンも安堵(1/2ページ) - 産経ニュース

 ↑新たな「108年のブッシュパーティーの呪い」を確認しました。(カブスファン)
※補足 「ブッシュパーティー」とは川崎がインタビュー中に「Bush party!「と繰り返して話題になりました(下の動画)。
Gotta See It: Kawasaki is going to a Bush Party - YouTube

「ブッシュパーティー」の意味については諸説あり、興味のある方は次のリンクをご覧ください。【米国はこう見ている】地元メディアがまた絶賛? 川崎宗則はカナダで最高の「名言マシーン」!? - エキサイトニュース(1/2)


以上、翻訳元はreddit.com(12)です。最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリ:日本・日本人への評価 MLB