北朝鮮大使マレーシア外務省は3月4日午後11時前(日本時間)、北朝鮮のカン・チョル(康哲または姜哲) 駐マレーシア大使を国外追放すると発表しました。このニュースについてツイッターやフェイスブックでコメントしたユーザーの反応をまとめたのでご覧ください。


以下、英語のコメントを翻訳したものです。
・ カン・チョル大使本人は自発的に出ていくことはないだろう。北朝鮮から正式に命令があれば別だが。

・ 金正恩がマレーシアを新たな核兵器の標的にするのではないかと心配しています。

・ 北朝鮮のミサイルは、新たな敵国に照準を定めているぞ。

・ マレーシアは政府の行動を支持しています。私たちは彼らの攻撃を恐れていません. (マレーシア人

・ 外交官は外交に関するウィーン条約を遵守しなければならない。カン・チョル大使は根拠もなくマレーシアを公然と侮辱していたわけで, マレーシアから国外退去処分を受ける根拠は十分にあった。※補足↓
ウィーン条約 第三条 1 使節団の任務は、特に、次のことから成る。
 (e)派遣国と接受国との間の友好関係を促進し、かつ、両国の経済上、文化上及び科学上の関係を発展させること。https://www1.doshisha.ac.jp/~karai/intlaw/docs/diplomat.htm

・ 全世界の国々は北朝鮮とのつながりを削減する必要があるでしょう。

・ 北朝鮮がどういった反応を示すか心配だ

・マレーシアはもっと綿密に証拠や事実に基づいて調査するべきだ。第三者国(アメリカや韓国)の憶測は不要だ。(ナイジェリア在住)
 ↑驚いた。世界にはこんな無知な人がいるんだ。
 ↑実は、あなたこそ憶測で話をしているのですよ。残念です。
 ↑やめなさい。君が哀れだ。

・北朝鮮は30年以上前にビルマ(ミャンマー)で同じようなことをしました。 韓国の大統領が訪問する際に暗殺しようとした。※補足↓
ラングーン事件 - Wikipedia
1983年にビルマ(現ミャンマー)のラングーン(現ヤンゴン)で発生した爆弾テロ事件である。ビルマ政府は憤慨し、北朝鮮との国交を断絶するのみならず国家承認の取り消しという厳しい措置を行った。

・ マレーシア当局は, 韓国や米国帝国主義と癒着しているのは明らかだ。(北朝鮮の学校を卒業したことを自称している人)

・ 大使を追い出すことはできても、結局は犠牲者が出て終わりになりそうだ。遺族は浮かばれない。

・ 大使は死への道に向かっていると思う。太った独裁者(金正恩)は確実に彼を死刑にするだろう。
 ↑ 太った男はすでに彼の死刑宣告書に署名しております。

・ 北朝鮮はマレーシアには敬意を持っていないので出て行ってください。戻ってこないように ドアを開けてはいけません。.

・ マレーシアの追放を支持する。北朝鮮が国家ぐるみで起こした犯罪でありマレーシアで行われた罪である。.北朝鮮の態度は非常に失礼だ。.

以上、翻訳元は、ツイッターのツイート、.facebook.com/RTnews.facebook.com/aljazeera/です。最後までお付き合いありがとうございました。

カテゴリ:政治、国際関係 社会