16歳鍵山優真、4T2発の“34点差圧倒V”を海外メディア絶賛「なんてスターなんだ!」 THE ANSWER
2019.08.25
フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)シリーズ第1戦フランス大会は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の鍵山優真(星槎国際高横浜)が154.26点でフリーも1位となり、合計234.87点で優勝。2位に34.16点差をつける圧勝の演技を国際スケート連盟(ISU)は動画付きで公開し、海外メディアは「なんてスターなんだ!」と絶賛している。

 日本期待の16歳が圧勝でジュニアGPシリーズ初Vを飾った。鍵山は冒頭の4回転トウループ―2回転トウループはややスムーズさを欠いたが、以降は3回転フリップ、4回転トウループなどのジャンプをミスなく着氷させ、質の高い演技を披露。154.26点はフリー1位となり、2位に34.16点差をつける圧勝となった。
~中略~
 米スケート専門メディア「IFSマガジン」公式ツイッターは「日本のユウマ・カギヤマが大差でクールシュヴェルのジュニアグランプリでタイトル獲得」とレポートし、さらに「なんてスターなんだ!」と称賛した。(以下省略)

フリー(7分21秒 ISU公式映像)
Yuma Kagiyama (JPN)| Men Free Skating | Courchevel 2019 - YouTube


ショート(6分32秒 ISU公式映像)
Yuma Kagiyama (JPN) | Men Short Program | Courchevel 2019 - YouTube


鍵山優真について、海外ユーザーと思われる英語コメントをまとめたのでご覧ください。(引用翻訳元 twitter、goldenskate.com、instagram
鍵山優真フランス

以下、海外の反応


クールシュヴェルでのジュニアグランプリ金メダルおめでとう。とても良いスケートでした。



なんて巨大なスコアなのでしょう!ワウ!



素晴らしいスケーティングスキル! 👏👏👏



ゴールドおめでとうユウマ!4Tを2回着氷させて二度目は3.26のGOEを獲得して、彼にとってとても素晴らしいイベントになりました。ショートプログラムもとても楽しめたしどちらもとても素晴らしかった。 アメリカ




とても素晴らしい出来! 素晴らしいパフォーマンス!👏👍 おめでとう!



なぜユウマ・カギヤマは、この荒涼たる地球で最も可愛らしい生き物なのか



外見的には宇野昌磨に似ている。 ロシア




↑ なんて可愛いの。 スペイン語圏

↑ まるで昌磨と結弦の息子みたい。

↑ コーチもびっくりしていたみたいですね。



おめでとうユウマ✨🏆🥇✨
間違いなくファンタスティック✨👏🤩😍💕😭✨🙌



最高の芸術性だったし、まさにメダルにふさわしい。全力で前進して!



ベビー昌磨?



ユウマによる素晴らしいパフォーマンス👏👏👏



彼は非常に有望、彼が将来成功することを祈っています。



本当に良かった!彼が芸術的に成長するのを待ちきれません。彼の快進撃は止められないでしょう!



クレイジーなージャンプで芸術性でも楽しみ。非常に多くの才能を持った若きスケーター。



彼がシニアになったらさらに素晴らしくなるのがわかる。 ペルー



素晴らしいパフォーマンス。ユウマはすごかった!



ユウマ、どうか怪我なく健康を維持したままプログラムに取り組んでください!




翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリック後サイト表示で投票完了 1日1票反映←) カテゴリ:フィギュアスケート 日本・日本人への評価