◇W杯1次リーグH組 日本0―1ポーランド(2018年6月28日 ボルゴグラード)

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会第15日は28日、1次リーグ最終戦が行われ、H組の日本(FIFAランク61位)はポーランド(同8位)に0-1で敗れたが、H組2位で2010年南アフリカ大会以来2大会ぶり3度目となる決勝トーナメント進出が決まった。

 コロンビアがセネガルを1-0で下して勝ち点6として首位通過。日本とセネガルは勝ち点4ずつで並び、得失点差、総得点、直接対決も引き分けで並んだものの、「フェアプレーポイント」=反則ポイントの差(日本=警告4、セネガル=警告6)で日本が2位となった。
日本 決勝T進出決定!敗戦も反則ポイントの差で2位に 1位はコロンビア(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
フェアープレイポイント日本セネガル
via twitter.com/NBCSportsSoccer

海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。以下、海外の反応(コメント引用元facebook、twitter



コロンビアと日本は間一髪だったね。セネガルはとてもいいチームだった。



セネガルにとっては、とてもアンラッキー。



日本はコロンビアの勝利に感謝しないといけない。一日だけコロンビア人にヌードルを無料で提供するのはどうかな?

↑ 寿司を無料にするのは無しで。🍣




セネガルが日本よりもイエローカードが2枚多いから敗退というのは、最も愚かなルールだ。 (+63 いいね)

↑ じゃあ、どうやって決めればいいんだ? (+75 いいね)

↑ 完全に同じなのだから他に決める方法はない。

↑ プレーオフの試合をすれば楽しめる。

↑ アルファベット順にするとか、あ、それでも日本が上だ😂

↑ アームレスリング(腕相撲)で決着をつける。

↑ 予選のときから決まっていたのだから従うべきだ。



日本がラスト15分でやっていたことは間違いなくショッキングだった。ただ後ろでボールを回していただけ。ポーランドもそれに付き合っていた。



時間を無駄に過ごすというのはどうなのか。これはフェアプレーではない。

↑ 日本はルール通りに賢く従っていただけだ。



フェアプレーという言葉が、突然不公平なものに思えてしまった。



FIFA の規則では、あらゆる競合するケースを想定して明確に定められている。フェアプレーも試合の一部。セネガルはそれで脱落したのだ。



イエローカードではなくシュート数で決めればいいのに。そうすれば最終戦で退屈な試合を防ぐことができる。(※補足 同様の投稿多数)



馬鹿げたルールだ。

↑ 代替案は?

 ↑ じゃんけん。



グループHは降格の争いのような有様だった。



日本 x セネガル : 2018ワールドカップ最高の試合の一つ。
日本 x ポーランド ワールドカップ史上最悪の試合。

↑ そうかな?フランス x デンマークの試合が史上最悪だろう。



イングランドにとっては、日本とブラジルと対戦するのを選ぶのか、それともコロンビアとスウェーデンと対戦するのを選ぶのか、究極の選択になったな(笑)





我々イングランドは日本と対戦したいなら今夜ベルギーには負けてはいけないということ。



これまで聞いたことのない最も控えめなルール。



どうしてこんなことが?FIFAは規則を見直すべきだと考える。



このルールはおかしいと思うが、全てのチームはルールを知っていた。そのことについて後から不満をいうのはやめよう。


翻訳コメントは以上です。
記事内容が「よかった 役に立った」と思われたら
ブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(1日1票反映)
カテゴリ:サッカー 日本・日本人への評価