ジェイミー・ヴァーディサッカー日本代表FW岡崎慎司の同僚のレスターFWジェイミー・ヴァーディ選手が7月、レスター市内のカジノで、東アジア人と思われる男性客に向かって人種差別用語の「ジャップ」を連発していた動画が公開されて問題になっています。その後ジェイミー・ヴァーディ選手本人とクラブは謝罪の声明文を発表していますが、日本人以外からもかなり厳しい意見が目立っています。動画を視聴した人からの英語コメントをまとめてみました。



以下、主な英語コメントを翻訳(日本人と思われる人は極力除いています)

・チームはこれらの人種差別主義者を一掃しなければならない。人種差別をなくそうとするメッセージを発信しなければならない。人種差別のヴァーディが表面的な謝罪をしても許してはいけない、彼は去るべきだ。

・彼は出場停止になるべきだ。ルイス・スアレスもパトリス・エブラに対して人種差別発言をして出場停止になっている。

・なぜ、この人にようにサッカー選手は自分の栄光を台無しにするような発言をするのだろうか。
 ↑知能指数よりも靴の大きさのほうが大きんだろうな。

・そばにいた彼のガールフレンドは、こう言っていたのかもな「ジェイミー、そんなこと言わないで」

・Racister City だ(※Racister=人種差別主義者の意味、レスター=Leicesterを皮肉って)

・「JAP」は差別用語です。

・大口をたたく不愉快で、愚かな選手だ

・ジェイミー・ヴァーディは28歳になるんだろう、情けないな。レスターには人種差別主義者がたくさんいると思う。おそらくイギリス人全体にもそのような傾向がある。本当に醜いよ。

・サッカー選手の中で世界一狂っている

・プアー、イングランド

・別に驚くことはない、なぜなら彼は「英国紳士」なんだろう?

・これは典型的な普通のイギリス人です。
 ↑そうは思わない。

翻訳元

カテゴリ:日本が副次的に関わる話題 サッカー