2017年11月17日6時0分 スポーツ報知
◆プロボクシング ダブル世界戦 ▽WBO世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)タイトルマッチ12回戦 井上尚弥―ヨアン・ボワイヨ(12月30日、神奈川・横浜文化体育館)

 WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥が、圧勝で2度目の米国進出を狙う。
 都内で16日、同級7位ヨアン・ボワイヨと12月30日に7度目の防衛戦を行うと発表した。井上尚はV7戦をクリアし、来年2月24日(日本時間25日)に米国で計画される同階級の興行出場にも意欲。同興行で他団体王者との統一戦が実現した場合、バンタム級に上げ3階級制覇を目指す考えを示した。今回はWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗のV2戦も行われ、ダブル世界戦となる。
20171118-000099
井上尚弥、12・30にV7戦 わずか57日でアンカハスと2・25統一戦熱望 : スポーツ報知

WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24=大橋、14戦全勝12KO)が同級7位ヨアン・ボワイヨ(29=フランス、46戦41勝26KO4敗1無効試合)を相手に7度目の防衛戦、WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(25=BMB、11戦全勝5KO)が同級8位ヒルベルト・ペドロサ(25=パナマ、23戦18勝8KO3敗2分け)を相手に2度目の防衛戦を行う。

 井上尚に挑戦するボワイヨは元フランス・バンタム級王者で右ボクサータイプ。現在30連勝中で世界初挑戦となる。
井上尚弥、拳四朗 12・30ダブル世界戦!尚弥相手は30連勝中のボワイヨ― スポニチ Sponichi Annex 格闘技

海外ボクシングファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
以下、海外の反応(コメント翻訳元 facebookboxingscenereddit、)

ボワイヨって誰?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

次の対戦相手がどんなのかがさっぱりわからない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ヨアン・ボワイヨなんて全然知らない。井上にとってステップアップになるのか。

↑ いや、ならないでしょう。井上にとっては次の防衛戦まで間がなかったし、他の有力なのは全て試合が決まっていて無理だった。

 ↑ わかった。2018年に井上がスーパーフライ級トップとやりあうのを期待している。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

井上はまだWBOの平凡な相手と戦っているのか。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ボワイヨは平凡というわけではない。まだKO負けはないし(元2階級世界王者の)カール・フランプトンがプロ3戦目で彼と対戦しているがKOできていない。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

井上は史上最強の日本人ボクサーになれる可能性がある。彼は特別だ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

尚弥の米国での試合は1つだけで終わってしまうのか。

↑ 彼は来年、彼自身が待ち望んでいる米国に戻ってくるよ。12月年末の日本の試合を片付けてからの仮の予定ではあるけどね。

↑ 他の人が言ったとおり心配はいらない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

スーパーフライ級のトップ3はすでに試合が決まっているし、トップ5は皆、井上のことを怖がっている。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

井上のアメリカ戦を見てから最も楽しみなボクサーの一人になった。彼がコンビネーションブローを繰り出す度に、一線級のアクション映画を見ているような気分になる。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

モンスター井上!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

井上はクレージーな殺人マシーンだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

井上は、平凡な相手を次々と倒し続けても、P4Pナンバーワンの評価を得るようになるのだろうか。

↑ 笑、彼は2014年にオマール・ナルバエスに勝っているよ。ナルバエスはノニト・ドニアに負けた残りカスだが、それでも、その試合から井上がモンスターと呼ばれるようになった。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

つまらない試合になりそうだ。願わくば井上がさっさと試合を終わらして2月24日の「スーパーフライ2」に駆けつけてほしい。
(※補足)年末V7戦のWBO王者井上尚弥が狙う来年2月米国での団体統一戦と5階級制覇 | THE PAGE
来年、2月24日に米国で予定されている軽量級のビッグイベント「スーパーフライ2」に、中2か月ない強行軍で出場予定で、そこで、アンカハスとの幻の統一戦が実現しそうなのだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今年の年末に日本で行われる世界戦は、部分的には見どころはあるものの年末にふさわしいショーには見えないな。井上vsボワイヨ 拳四朗vsペドロサがフジテレビのショー、京口vsブイトラゴ、田口vsカニザレス第二戦がワタナベ(ジム)のショー。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

井上 vs レックス・チョーの試合を見られるのはいつだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

井上のファンです。彼の試合を待ちきれない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

なぜ井上に対して厳しい意見が多いのかな。彼はまだ24歳ですでに2階級世界チャンピオンだ。最低でも後3年間は輝くしアメリカには必ず戻ってくるでしょう。

↑ 確かに。この男の未来は明るい。私はナルバエス戦以来まるで10代の女性のように彼のことを追っかけているよ。


カテゴリ:ボクシング 日本・日本人への評価
スポンサード リンク