都会のハトの足指切断、人間の毛髪が原因の可能性 仏研究(AFP=時事) - Yahoo!ニュース
【AFP=時事】科学者らは長年、足の指を失っているハトが都会に多いのは、何らかの感染症か化学汚染物質が原因だと考えていた。だが、フランスの研究によりこのほど、人間の毛髪が原因である可能性が高いことが分かった。

 仏国立自然史博物館(National Museum of Natural History)と仏リヨン大学(University of Lyon)の研究チームはパリ全域の46か所で、ハトの足指切断件数と切断の程度を調べた。その結果、ほぼすべてで人間による汚染が関係している可能性が高いことが明らかになった。

 研究によると、大気汚染と騒音公害の発生率が高い地域に生息するハトは、緑の多い環境に生息するハトに比べて足の指が少ない傾向がみられた。また、研究チームは、美容院が密集している地域のハトほど、足指が少ない事例が増える傾向にあることも発見した。これは、ハトの足の指に人間の毛髪が絡みついたため、切断されたケースが多いことを意味している。(以下略)

pigeon-747462_640

この説について、海外ユーザーと思われる英語コメントをまとめたのでご覧ください。(引用翻訳元 facebook cnn、reddit

以下、海外の反応


ルーヴル美術館の近くの公園で片足のハトを何羽か見かけたことがある。



ハワイでも同じく。



ハトがなぜ足を失っているのかやっとわかった。

↑ 記事には断定口調では書かれていない。可能性がある、そうかもしれない、という程度。



皆、頭を剃らないといけないのかな。



次は、カリフォルニア州が髪をはやすことを禁止しよう。すべての住民はすぐに頭を剃らなければなりません。なぜならハトを守るため。




これは馬鹿げている。極寒の時期にハトが凍傷になるか、都市部の有刺鉄線にひかかって足や指を失うのだろう。自然な理由はたくさんあるだろうけど、人間の髪の毛は一般的な問題にはなりえない。



私はこのことについて本当に興味があった。ロサンゼルス・ユニオン駅で、ほとんどのハトが指や足を失っていて、最近では出血しているのもあった。何が原因なのか疑問に思っていた。

↑ 君もそう思っていたんだね!LAのハトは全て、戦争の退役軍人のように見えるよ。



なんでも人間のせいにするのはおかしいよ。



CNNは魔女狩りを宣伝できないもんだから、このような記事を出すんだね。

↑ 仰るとおり。



こうやって税金が役に立たないことに使われる。



申し訳ないけど、ハトの足のことなんて気にしていないよ。



冬の間、凍傷でそれらが失われるといつも思っていた。



これは人間の赤ちゃんにも起きてるよ。「ヘアターニケット」と呼ばれている。
(※補足)ヘアターニケット - Wikipedia
髪や糸が、最も一般的には爪先、場合によっては指や生殖器、他の身体部分にきつく巻き付く状態を指す。これにより、患部に痛みと腫れが生じ、合併症として血流不足により患部が組織死する恐れがある。この症状は、生後4か月前後の子供の間で最も一般的に発生するが、年長児および成人でも症例が報告されており、発生頻度は男女ともに同じとされている。



ヘアターニケットは、幼児にとっても本当に心配。



これはかなりありえるよ。私が飼っているハトにも起きた。髪の毛の可能性を排除してはいけない。




翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリック後サイト表示で投票完了 1日1票反映←)
カテゴリ:社会