比嘉1回で決めた日本タイ15連続KOで2度目防衛 - ボクシング : 日刊スポーツ
[2018年2月4日22時40分]

WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が15戦全勝全KOで2度目の防衛に成功した。同級9位の元2階級制覇王者モイセス・フエンテス(30=メキシコ)を1回KOで下した。

 立ち上がりはフエンテスが積極的に放つジャブを食らう場面もあったが落ち着いて対応。連打はもらわなかった。1分30秒過ぎ、左フックでフエンテスをぐらつかせ、右フックで動きを止めた。残り30秒、左の連打からガードが空いた腹に右ボディーをたたき込み、マットにひざまずかせた。

海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめました。
以下、海外の反応(コメント翻訳元 twitterboxingsceneredditfacebook

なんてことだ!比嘉が1ラウンドでフエンテスを沈めてしまった!!



比嘉のパワーは殺人級だ。
しばらくの間は比嘉の話題で興奮するだろうな。この男はミニマイクタイソンのような絶対破壊の世界王者として君臨するだろう。



試合後の比嘉のインタビューを見ていると、冗談を言って周りを爆笑の世界にさせていた。恥ずかしがりやの子供のように見えていたから驚くべき変化だ。



これは恥ずかしい。負けるとしても、我々メキシコボクシング界の威信を損なわせないでくれ。 メキシコ




これは本当のニュースなのか。 メキシコ



死亡宣告が発表されてしまった(笑) メキシコ



1ラウンドで解体されたのか...



あれ、こんなに早く終わっちゃった。比嘉のボディショットが1ラウンドでフエンテスを破滅させた。



レフリーのストップが早すぎたが、それでも比嘉のパワーが相当なものなのは確かだ。15戦15KO、今回は1RTKO。破壊的なパワーだ。



フエンテは、先に決定打を当てたが、ボディ打ちの反撃にあって沈んだ。



めちゃくちゃ早く終わったな。フエンテスはまだ戦うことができるように見えた。しかし、彼がストップされていなくても彼に勝ち目はなかったように思う。



比嘉はなんてボディショットを打つんだ。



モンスター比嘉にとっては簡単な仕事だった。



日本人のリングガール大好き。



比嘉大吾が野生の本能を発揮した。それが全てだ。


翻訳コメントは以上です。

比嘉大吾フエンテス


カテゴリ:ボクシング 日本・日本人への評価