フィギュアスケート世界選手権2017の男子ショートプログラム(SP)が3月30日、ヘルシンキで行われ、世界歴代2位の109.05点を出したハビエル・フェルナンデスがトップに立ちました。宇野昌磨が世界歴代3位の104.86点をマークし、2位につけ、羽生結弦は98.39点で5位でした。

宇野昌磨と羽生結弦に対して、フィギュアスケートのフォーラムサイト「Golden Skate」に寄せられた海外ユーザーの反応をまとめたのでご覧ください。

宇野昌磨に対しては当然ながら絶賛ばかりでしたが、羽生に対しては盛り上がっているとは言えない感じで、特に新しいプログラムについては否定的なコメントが目立ちました。




以下、海外ユーザーの英語コメントを翻訳してまとめました。

・これは今シーズン最も完璧なショーマのSPです。(アメリカ)

・信じられないほど美しく、夢のような気分にさせてくれた...(オランダ)

・素晴らしいショーマ!!!(ルーマニア)

・わーーい、ショーマ!が凄いことをやってのけた!いくつかの着地とシットスピンはギリギリだった部分はあったが、それでもパフォーマンスは全く信じられないものだった。(カナダ)

・4F(4回転フリップ)、4T (4回転トゥループ)+ 3Tがカッコよかった。3A(トリプルアクセル)は、もう片方の足がついたかもしないので減点になるかもしれないけど、今日のショーマの演技は感動的なパフォーマンスでした。間違いなく(暫定)首位で100得点以上でしょう!(※補足 採点確定前)

・Oh, yess, ショーマ!、ショーマ!104.86!(イタリア)

・ほぼ105点おめでとう、ショーマ (ウルグアイ)

・宇野昌磨は地球上の天使です。(アメリカ)

・いいね!ショーマ!(カナダ)

・イエーース ショーマ イエーース!小さく愛おしい貴方は成し遂げた! (イタリア)

・素晴らしい仕事、昌磨! 素晴らしい演技を祝福します。ドキドキしてるけどファンはいつでも応援しているからね。(ポルトガル)

・すばらしいスケートをしている昌磨にはとても満足しています!(カナダ)


■以下は、羽生に対しての反応

・このプログラムはちょうど結弦に合わないようです。王子がスケートするにはもう少し垢ぬけた感じが必要です。

 ↑私はこのプログラムが大好きで、彼はそれを芸術的に伸ばしている姿勢も大好きですが、現時点では過去のほうが高得点を出せるでしょう。

・TES(技術的要素の得点)が53まで落ちたか・・・コンボが無効になったようだ。

・4S(4回転サルコウ)の後に膝をついて、2RipTを飛んだのが認定されないと知った時の彼のがっかりしたリアクションがかわいかった。(カナダ)

・彼自身は良いですが、彼のプログラムのこの解釈は好きではありません。

・ああ、イナバウアーのスナップがたまらない、いけないと思いながらも快感だわ。(カナダ)

以上、翻訳元goldenskate.com

おまけ、練習の時の映像(※本番ではありません)
記事内容が「よかった」「役に立った」と思われたら ブログランキングの投票 をしてもらえると励みになります(1日1票反映)
カテゴリ:日本・日本人への評価 フィギュアスケート
スポンサード リンク