羽生 今季初戦V、SPのリード守る 転倒、タイミング合わないシーンも― スポニチ 2018年9月23日

フィギュアスケートのオータム・クラシック第3日は22日(日本時間23日)、カナダのオークビルで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(23=ANA)が、2位の165・91点、合計263・65点でリードを守り、2月の平昌五輪以来となる今季初戦を優勝で飾った。

 羽生は初披露されたフリーの衣装で冒頭の4回転を決めたものの、後半でのジャンプで転倒、タイミングが合わないシーンもあり演技終了時には肩で息をし、厳しい表情を見せた。

 前日のSPではスピンでミスが出たが、サルコー、トーループの2種類の4回転ジャンプを決め97・74点で首位に立っていた。

 フリーの使用曲「Origin」は、エフゲニー・プルシェンコ氏(35)の伝説的なプログラム「ニジンスキーに捧ぐ」で使用された曲をアレンジしたものとなる。(以下省略)
羽生オータム
via twitter.com/kyodo_sports_en

海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。以下、海外の反応。(コメント引用元 youtube、reddit、goldenskate

前半はSP、後半はFS終了後のコメントです。


おかえりなさい。私のキング。



まさしく氷の天使。見ていてハラハラしましたが彼が帰ってきて嬉しいです。笑顔がとてもかわいい。明日のフリーを見るのが待ちきれない。ユズル、愛してる❤❤❤❤!!



スコアが低すぎたように見えたけどスピンが得点にならなかったのですね。彼は幸せそうにしていたから、それが最も重要です!




彼は絶対神のように完璧である必要はありません。ジャッジは厳しかったけど、それでも100点は超えると思っていました。

↑ 私も100点を超えると期待していた。まあ、オータム・クラシックは彼にとってはウォームアップのようなものだからね。ハハ。



ジャッジが厳格になっても、どの選手でも一貫して厳格であれば、実際には問題は起きないでしょう。



私のヒーローを見られてよかった。それで十分です。彼の調子が良くなると信じています。



今日のプログラムは私の気に入ったものではなかった。コンボジャンプはアンダーローテンションで悪く見えたけど振り付けは非常に綺麗でした。遅かれ早かれ完全復活するのは時間の問題でしょう。ユズルサンはしっかりしたルーティンを持っているからね。

↑ 彼のスピンは普通には考えられない非常に低品質なものでしたが、これからうまくいくと信じています。このプログラムがうまくはまれば、得点は驚異的なものになるでしょう。



彼は少し疲れているようだが、それでも全て良かった。スピンはおそらく洗練されていくはずです。



史上最高のスケーターを再び見られて言葉も出てきません。🙌🏻



💙彼はとにかくベストの中のベスト!!! 🤩⛸️⛸️🥰



彼のジャンプ項目はとても複雑になりましたね!



私は流行遅れの人間だけど今の音楽とプログラムは大好きです。スピンの失敗には驚いたし最高ではなかったけど彼は時間をかけて熟成させていくでしょう。ステップシークエンスは美しいしパフォーマンスは本当に魅力的でした。まだ初戦です!あとコスチュームについては何も言わないでおきます。



2022年のオリンピックで彼がまた表彰台に上がっているのかどうかは誰も知りません。それについて考えるのは時期尚早だとわかっていますが、ユズルが健康であれば、彼のようなレベルのスケーターにとってオリンピック3度目のタイトルは不可能ではありません。 とにかく彼は氷上では神々しく見えます。それだけでなく、さらにプログラムのレベルを上げていくでしょう。



(※以下はFS後のコメント)

うわ、このコスチュームはとてもゴージャス。



プルシェンコが使っていた曲を結弦が使っている・・・今、私は安らかに死ねそうです。(笑)



シーズンスタートなので粗い部分もあるけど彼が新たな傑作を作り出すことはわかっています。これからも見どころがいっぱいですね。



ああ、私はこのプログラムが大好き!シーズンが進むにつれて素晴らしくなるでしょう。



ジャンプで乱れたとはいえ、このプログラムは間違いなく大好きです。 これは、研磨されていないダイヤモンドのようなものです。 シーズンが進むにつれて進化して完成したプログラムになっていくかと思うととても興奮しています。





これは、彼が挑戦した最も難しいプログラムでした。 この音楽は速いですね!誰でもテンポを失いがちですが彼はできる限りのことをしました。彼が感じ取っていくにつれて最初よりももっと良くなっていくでしょう。

↑ 同じ考えの人がここにいました。私も最初にこの音楽を聞いたとき、さらに多くのスタミナを必要とすると感じました。もちろん難しくしたのは羽生自身です(笑)。 彼は音楽のすべての音符を、速く、激しく使いたいと思っているのでしょう。パーフェクトになるときを待ちきれない。😍



シーズン最初としては良かったと言えます。彼はシーズン最初にピークを持っていくことは決してないし、新しいプログラムへのフィーリングを掴むのは時間がかかるでしょう。それでも今日の彼は、昨日よりも音楽に結びついていると感じました。 両方のプログラムはとても美しいです。



とても良かった。プルシェンコのように音楽に合わせたフットワークステップを期待しましたがもっと速く足踏みをすることを期待しましたが、プログラムを磨くために追加されるかもしれません。 しかし、それは非常に高いレベルで文句を言っているだけです。とにかく美しいプログラムとしか言いようがない。



これを聞いたとき、即座にプルシェンコのことを考えました。ユズルがプルシェンコに見えるかどうか心配でしたが・・・これは傑作になるでしょう。プラスチェンコと同じように。


翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(1日1票反映)

カテゴリ:フィギュアスケート 羽生結弦