北朝鮮、グアム沖に4発発射検討 迎撃可能と小野寺防衛相 - 共同通信 47NEWS
【北京共同】北朝鮮の朝鮮人民軍の金絡謙戦略軍司令官は9日、8日付で発表したグアム周辺へのミサイル発射計画について、新型中距離弾道ミサイル「火星12」4発をグアム沖30~40キロの海上に同時に撃ち込む案を検討していると表明した。実施されれば島根、広島、高知3県の上空を通過することになるとしている。朝鮮中央通信が10日伝えた。

 小野寺五典防衛相は10日の衆院安全保障委員会で、北朝鮮が発射した場合、安全保障関連法に基づく存立危機事態と認定して集団的自衛権を行使し、海上自衛隊のイージス艦が迎撃することは可能だとの認識を示した。

今回は、この共同通信をほぼ引用する形で報道したロイター通信のフェイスブックページに寄せられたアメリカ人など英語圏ユーザーのコメントをまとめてみました。

アメリカ人からは、日本の積極的な姿勢に対して感謝の声が多く寄せらえていましたが、ロイター通信の報道(facebook.com/Reuters/)では、「日本はグアムに向かって飛行するミサイルを撃墜する能力を持っていない」と書かれていることもあり、迎撃能力については疑問視している意見が多くみられました。それと、安全保障関連法については具体的な表現で書いておらず、「合法的に(legally)」としか書かれていないため、海外ユーザーのコメントも「合法」「違法」という表現でしか書かれておりません。
グアム北朝鮮ミサイル

以下、海外の反応。すべて英語コメントからの翻訳で、断りのない場合はアメリカ人か国籍不明です。

 【スポンサード リンク】

日本が米国への核攻撃を防ぐ時代になったのか。(オーストラリア)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ありがとう, 日本! 不幸な戦争があってから、日本は良き味方です。(北朝鮮がもたらした)不幸な時期が発生してから、日本が毅然とした態度を実践し続けることを米国民の多くが期待しています。ありがとうございます!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

このような兵器の迎撃は、我々(米国)を守ることはできても、日本にとっては壊滅的な結果をもたらすだろう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本が北朝鮮にとっておいしいターゲットになりませんように。(ジンバブエ)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

北朝鮮によるグアムへの弾道ミサイルを発射しようとする試みは、米国、日本、韓国、その他の同盟国が激怒し、もっとも強硬な対応につながるだろう。そうなれば金正恩が生きていたとしても金正恩政権としては終わりにつながる。(ナイジェリア)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ミサイルが日本の領空に侵入するのであれば、撃墜しようとするのは「イエス」だろう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

たくさんの核爆発が起きれば地球規模で激変することを忘れないでください。そうなれば世界中の我々が影響を受けることになるのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本の利益のためにも、グアムや韓国の利益のためにも、ミサイル発射は起こらないことを願っています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「ミサイルのどれかが核兵器を積んでいるかもしれない」のであれば、迎撃することが合法という根拠になるのかな。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ありがとう、日本。世界は平和と知性溢れる人々を必要としています。(リトアニア)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

極超音速ミサイルに狙われた場合、100%撃墜するというのはまずありえない。日本には頑張ってほしいが、おそらく迎撃しようとしても失敗するでしょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

金正恩はおそらく、当初は日本の空域を避けて飛ばしたかったのだろうが、日本の空域を飛び越えた向こう側の標的を狙うには論理的に不可能あるからこうするしかなかったのだろう。 (ベリーズ ※中央アメリカの国)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本に撃墜の能力があるのか、ないのか、どうもそのあたりがはっきりとしないな。あるなら「イエイ!」無いなら「ブー!(ブーイング)」だ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

米国が日本に(極超音速ミサイルを)撃墜する能力を与えたということかな。そうでなければ、日本の防衛が合法かということよりも、確証もなく撃墜を試みようとして発言している方が気になる。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

北朝鮮は日本への攻撃を正当化する口実ができたのだろう。君子危うきに近寄らず(※コメント原文 Better safe than sorry=後で悔いるより最初から安全でいるのがよい)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ワウ、これらは全部皮肉でしょう。(我々の大統領が核攻撃を仕掛けると言っている事や、日本が我々を守ってくれるということもね。)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

北朝鮮のミサイルは海を越えるわけがない(笑)

↑ それは古いニュースに基づくものです。時代に遅れないでね。今はグアムは標的に充分なりえます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

もちろん日本は、日本にいる米艦隊と一緒に全体でやりましょうということですよね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本は週末までにミサイルの防衛体制が確実に整うと思っています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ありがとう日本。トランプは多分頼りにならないのです。これも彼のせいです😡

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

私がこれだけは言っておきたいことは、日本は我々が核攻撃するまでは敵であり、そして今では友であるということだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

アメリカに選択の余地は残されていないのか。 日本人は決して2つの核攻撃を忘れていないはずだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

迎撃が合法であろうがなかろうが、これは侵略に直面するすべての文明国の問題である。日本にとっても良い結果になりますように。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

力をつけた日本が、この状況でちょっと大人になろうとしていることなのか。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本は若々しい国のようになりたがっている。しかし、本当に危険な局面になったらどうなるだろうか。日本人の消極的な性格は、短時間で判断するには良くない部分が出てこないだろうか。(ガーナ)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

宇宙時代になってもミサイルを撃墜しようとしているんだね。がんばれ日本。(オーストラリア)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

撃墜できるかどうかが重要であって、合法か違法かは気にしていない。(マラウイ共和国)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

私たちは日本を鎖から外す必要があると思う.

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

非合法だと言っていたら、どうやってミサイルを迎撃するの?(カナダ)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本はいつも頼もしい仲間だ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

馬鹿な奴らはこう言っているのだろう。「ミサイルを撃墜できてもそれは違法ですよ。それでミサイルが人口密集地に落ちても許しましょう。」


以上、コメント翻訳元facebook.com/Reuters/

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

この記事が気に入ったら
いいね!してね

当ブログの最新情報をお届けします