gr-yaris-carwow

WRC(世界ラリー選手権)のベース車として開発された新型GRヤリスについて、イギリスのクルマ系サイトYouTubeチャンネル「carwow」が制作した解説動画が海外でも話題になっていました。

日本語版映像(9分48秒 2020/05/08公開)
【新車情報Top10】新型 トヨタ GR ヤリス


マット・ワトソン氏による辛口を交えた解説にも関わらず、海外ユーザーは日本よりも高い評価をしているようで、映像途中に質問のあった「GRヤリスの見た目はどう?」(1:30~)というアンケートに対して、日本語版では「好き」が76%に対して、英語版では「好き」が87%にも達していました。
GRヤリスの見た目は好きか_英語GRヤリスの見た目は好きか_日本語


元映像(英語版)を見た海外ユーザーと思われるコメントをまとめたのでご覧ください。

以下、海外の反応(引用翻訳元 youtube


このGRヤリスは、ヤリスをベースにしたように見えない。まったく新しい車みたいだ。



これはスープラよりも格段にカッコいい。



トヨタがこの小さなハッチでここまでできるなら、もしも純トヨタ製でスープラを作ったらどんなに素晴らしいものが出来上がるだろうか。

↑ 新型スープラは悪くないよ。文句を言っているのは、優れた2つの自動車メーカーのコラボレーションを受け入れられない輩だけだろう。



この小さなビーストはインプレッサの領域に肉薄するだろう・・・他の小さなホットハッチと比較すると、Yaris GRは別格だ。




これは私たちが待ち望んでいたミニ・ランエボだ。今回はトヨタからだけどね。3万ポンド払って私のお金を使い果たすよ。

↑ オランダでは6万ユーロもして、ポロGTIのほぼ2倍、A35AMGと同じくらいの費用がかかる。その割にはプラスチッキーで安っぽい感じだ。どう考えても6万ユーロは高すぎる。

 ↑ 冗談かと思って調べてみたら、本当に6万ユーロだった。 オランダ

↑ 問題は車自体の価格ではなく、オランダが馬鹿げた関税を課しているからでしょう。

↑ このヤリスは、パワーウエイトレシオでMegane RsやGolf Rなどよりも優れている。これはラリー用のスポーツカーであって高級車ではないよ。なぜ、エボ、スープラ、WRX、セリカ、タイプR、RX7、スカイラインGTRなどの安価な「プラスチック」車が、ドイツ車よりも人気があるのだろうか?それは、シンプルさ、信頼性、楽しい要素、安さ、パフォーマンスが理由だからだ。



小型ターボチャージャー付きエンジン、4輪駆動、格好いい。ホンダも見習うようにね!



30.000ポンド ? それなら本当に安いよ!!



インテリアがもう少し改善されていればパーフェクトだね!それでもイエスだ。3万ポンドの価値はある。



カナダで売られないとわかって泣きたくなったよ。😢😭



トヨタは素晴らしい仕事をしてスポーツバージョンの車を提供してくれる。ママが乗るみたいな退屈なSUVに移行していないことに私達は感謝すべきだ。



MTしか選択できないのが、私は気に入っている。



私には、この車の方がスープラよりもずっとワクワクするよ。



今の段階では、トヨタにとっては、どのように売れているかを見極める限定車、テスト車両なんだろうね。これを主力のグレードにしてほしいよ。



この車はモダンクラシックカーになり得る。運転すれば楽しいのは間違いない!


翻訳コメントは以上です。
記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリックで投票完了← 1日1票反映)

カテゴリ: 日本の製品